ISIDと電通と富士通、企業の継続的な事業成長、および環境社会課題の解決に向けて戦略的協業に合意

〜第一弾として、エンジニアリングチェーンのDXを実現する共同プロジェクトを発足〜

 株式会社電通グループ(注1)傘下の株式会社電通国際情報サービス(注2、以下 ISID)と株式会社電通(注3、以下 電通)及び富士通株式会社(注4、以下 富士通)は顧客起点でデマンドチェーン、サプライチェーン、エンジニアリングチェーンの3つのバリューチェーンの変革を実現することで、顧客企業の継続的な事業成長に貢献するとともに、カーボンニュートラルを見据えた環境・社会課題の解決に向けて、4月15日に戦略的協業に合意しました。

 本協業では、デマンドチェーンにおける顧客インサイトや企画プロデュース力に強みを持つ電通、及びエンジニアリングチェーン領域で豊富な実績と知見を持つISIDと、サプライチェーンマネジメントに関わる業務システムのノウハウやサプライチェーン領域に適用できる様々な最適化技術に強みを持つ富士通が協業することで、多くの企業間で分断されているデマンドチェーン、サプライチェーン、エンジニアリングチェーンの効率的な連携を支援します。これにより、生活者の行動変容を捉え、多様化するニーズに即座に対応できる仕組みづくりを実践します。さらに、生活者ニーズを起点とした製品開発や需要予測により、リソースやエネルギーなどの無駄を削減する需給の最適化モデルを設計することで、無駄のないものづくりやGHG(Green House Gas:温室効果ガス)の削減を行い、顧客企業を通じたトータルなカーボンニュートラルの実現に貢献していきます。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/631074/01_202204221043.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/631074/02_202204221043.pdf