ビッグデータ・IoT向けデータベース「GridDB(R) 5.0 Enterprise Edition」の販売を開始

〜 アーキテクチャを刷新し、複数のデータモデルを扱えるプラガブルデータストアを実現 〜

 東芝デジタルソリューションズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:岡田 俊輔、以下 当社)は、高頻度で大量に発生するIoTデータやビッグデータの管理に適した「GridDB(R)」の新バージョンとして、アーキテクチャを大幅に刷新したGridDB(R) 5.0 Enterprise Edition(以下、GridDB 5 EE)の提供を本日から開始します。

 ビッグデータやIoTシステムにおけるデータベースは高速性や拡張性、信頼性が求められています。GridDBでは、イベント駆動処理技術(注1)や自律データ再配置技術(ADDA)(注2)を開発し、これらの要件を満たすデータベースを提供してきました。近年、IoTで扱われるデータやその活用方法が多様化しており、その結果、データモデルも多様化しています。新たなデータモデルを扱う際、複数のデータベース管理システム(DBMS)を用意したり、あるいは無理やり単一のDBMSで対応したりしているのが現状です。しかしそのような対応方法では、システムの煩雑化、構築・運用コストの上昇、リアルタイム性の損失などの問題が生じます。

 GridDB 5 EEではアーキテクチャを刷新し、単一のDBMSでありながら複数のデータモデルを扱うことを可能とした、プラガブルデータストアを実装しました。これまでGridDBが提供してきた高頻度で大量なデータ登録に適したデータストアに加え、複雑な分析を高速に行うことができるデータストアや、ログなどの文章を蓄積することが得意なデータストアを組み込むことができます。

 これまでのIoTシステムでは大量のセンサーデータを貯めて、可視化することで価値を提供してきました。しかし最近では貯めたデータを用いて複雑な分析を行い、新たな知見を得ようとする動きが出てきています。大量高頻度のデータを貯める機能と、複雑な分析を高速に行う機能は、DBMSとしては相反する要件になります。

 これをプラガブルデータストア機能により、それぞれに適したデータストアを一つのDBMSの中に実現できるようになります。複数のDBMSを使用するのではなく、単一のDBMSで統合的に処理することが可能となり、複数のDBMSが混在することによるシステムの複雑化や、構築・運用コストの上昇などを避けることができます。

 今後、複雑な分析を高速に行うデータストアや、文章の蓄積が得意なデータストアを順次提供していきます。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/631078/01_202204221058.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/631078/02_202204221058.pdf