「東京ミッドタウン八重洲」にデリバリーサービスなど

複数サービスロボットの運用を可能にするRoboticBase(R)の導入が決定

〜日本橋室町三井タワーで実証実験を実施〜

 TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡本 安史、以下:TIS)は、2022年8月末竣工予定の大型複合ビル「東京ミッドタウン八重洲」(所在:東京都中央区)においてサービスロボット導入が決定し、その運用プラットフォームとしてTISの複数ロボットを統合管理するプラットフォーム「RoboticBase(R)」が採用されたことを発表します。TISはサービスロボットインテグレーターとして「DX on RoboticBase」で導入を支援しています。

 ロボット導入にあたり「日本橋室町三井タワー」(所在:東京都中央区)にて実証実験を実施いたしました。

 「東京ミッドタウン八重洲」では、ポストコロナ時代を見据え、首都圏の大規模オフィスとしては初の「完全タッチレスオフィス」を実現するなどさまざまな点で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策技術を実装しています。さらにオフィスビル内でのデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するためにロボット活用の検討を進めています。

 今回の「東京ミッドタウン八重洲」で導入予定の清掃ロボット・デリバリーロボットは、自動で清掃、運搬を行うだけでなく、エレベーターを自分で呼び、乗降階を指定することもできるため、完全な省人化が実現可能です。

 また、省人化に向けたロボット活用だけではなく、コロナ禍において広がりを見せているフードデリバリーや施設内の飲食店でのテイクアウト品のデリバリーをロボットが担うことで、施設利用者にとってロボットをより身近に感じられるオフィスビルを目指しています。さらに、当施設内において高速・大容量、低遅延、多接続を強みとする5Gを活用した、より高度なロボット運用も検討していきます。

 TISは、「東京ミッドタウン八重洲」での複数ロボット導入において、ロボットを活用した次世代のビルオペレーションを前提とした構想企画検討フェーズから、業務・システム要件定義、開発・実証を支援し、サービスロボットインテグレーターとして、「DX on RoboticBase」を導入しました。

 「DX on RoboticBase」は、企業のロボティクス関連ビジネスを支援し、DXをロボティクスで実現するTISのサービスです。複数ロボットを統合管理するマルチロボットプラットフォーム(RoboticBase(R))と、ロボット導入コンサルティング、インテグレーションを提供しています。

 TISでは今後、施設内だけでなく屋外も含めた複数業務ロボットの管理や、複数施設・地域を跨いだ複合ロボット管理を実現していきます。人とロボットの役割を分担することで、業務効率化やコスト削減を図り、新サービスの開発も同時に進め、Withロボットによる新しい時代の新しい働き方や人とロボットが共働・共生する社会の実現を目指します。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/631099/01_202204221411.pdf