NEC、SISと共に提供する為替BPOサービスが全国44信用金庫1033店舗で稼働

〜手書き伝票を2つのOCRで読み取り、為替業務の約60%を自動化〜

 NECは、2021年3月より株式会社しんきん情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:馬場 英一 以下、SIS)と協業し、自動化機能を備えた為替BPOサービス(注1)を提供しています。順次展開を始めており、城北信用金庫や巣鴨信用金庫、さわやか信用金庫、北上信用金庫、熊本中央信用金庫などBPOサービスの新規加入を含めた全国44信用金庫1,033店舗で稼働を開始し、2023年3月には84信用金庫2,100店舗での稼働を予定しています。

 本サービスは、特性の異なる2つのOCR(注2)を用いて手書きの振込依頼書の文字を読み取り、金融業界では初めてシステム入力までを自動化する機能(特許出願中)を備えており、人を介す機会を減らすことで人為ミスの削減と事務作業の効率化を実現しております。

 現在稼働している1,033店舗からは、月間47万件、ピーク時には1日6万件の振込依頼を受け付けており、登録式連記帳票では70%以上、全体でも約60%を自動で処理することで、トータルコストの削減を実現しております。今後、自動処理機能の性能を高めながら年間1,000万件の為替振込処理に対応していく予定です。

 これまでNECやSISのそれぞれの既存ユーザの移行を中心に対応してきましたが、今月より未加入の信用金庫の利用に向け準備を開始すると共に、地方銀行などさまざまな金融機関への拡大を目指します。また環境負荷の軽減にも取り組んでおり、BPOセンターに集約することによるサーバやPCの効率的な運用や、自動処理を推進することによるPC稼働率の抑制で消費電力を削減するなど、持続可能な社会の実現とSDGsの達成に貢献します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

■背景

 金融業界では、膨大なバックオフィス業務に正確性とスピードが求められ、ICTを活用したデジタル化による業務改革の推進が喫緊の課題となっています。そうした中、NECとSISは、NECのデジタル技術および多くの金融機関でのバックオフィス業務システム構築実績と、SISの多くの信用金庫への為替集中サービス導入実績・ノウハウ、それぞれの強みとスケールメリットを活かし、為替振込の自動処理機能を備えた新たなBPOサービスを開発しました。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/632150/01_202205131127.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/632150/02_202205131127.pdf