2022年4月パーソナルコンピュータ国内出荷実績

<パーソナルコンピュータ国内出荷4月の概況>

○4月の出荷台数は488千台(前年比77.3%)となった。

 うちデスクトップ:100千台(同105.3%)、ノート型:388千台(同72.3%)であった。

 ノート型比率は79.5%であった。

 出荷金額は532億円(前年比85.7%)となった。

 うちデスクトップ:119億円(同121.4%)、ノート型:413億円(同79.0%)であった。

 ・4月は、個人向け・法人向けともに前年度需要増の反動減が続き、台数・金額ともに13カ月連続で前年割れとなった。

<調査対象>

●2022年度自主統計参加会社

 Apple Japan(同)、NECパーソナルコンピュータ(株)、セイコーエプソン(株)、Dynabook(株)、パナソニック コネクト(株)、富士通クライアントコンピューティング(株)、(株)ユニットコム、レノボ・ジャパン(同) 計8社

 ※表資料は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

表資料

https://release.nikkei.co.jp/attach/632878/01_202205241041.png