健康経営サポートの「WELSA」と「SmartHR」が連携

従業員情報を自動で更新、人事担当者の業務効率化に貢献

 インフォコム株式会社(東京都港区、代表取締役社長:竹原 教博)は、企業向けに提供する健康経営サポートサービス「WELSA(ウェルサ)」(https://welsa.biz/)について、株式会社SmartHR(本社:東京都港区、代表取締役:芹澤 雅人)が提供するクラウド人事労務ソフト「SmartHR」(https://smarthr.jp/)とAPI連携し、従業員情報を自動で更新することができるようになりましたのでお知らせします。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

【背景】

 「WELSA」は、従業員の健康診断やストレスチェック受診の従業員への通知、受診状況や結果などを一元管理する機能をはじめ、収集したデータに基づく健康リスクや生活習慣病リスクの分析・レポート、さらに効果的な健康支援ソリューションの提案までを一貫して行うことができるクラウドサービスで、企業の業種・規模を問わず、人事・健康管理部門でご利用いただいています。

 企業の人事部門では、WELSAのような従業員の健康管理サービスのほか、ストレスチェックや、給与、勤怠管理、人事評価などのために複数のITサービスを利用しているケースが多く、人事異動、入退社などで頻繁に更新される従業員情報をそれぞれのサービスで更新作業をする必要があり、人事担当者にとって大きな負担となっています。

【概要】

 労務管理クラウド4年連続シェアNo.1(※)を誇るクラウド人事労務ソフト「SmartHR」とのAPI連携により、SmartHR上で更新された従業員情報がWELSAに自動で反映されます。これにより、人事担当者がそれぞれのサービスで繰り返し情報を入力する手間を減らすとともに、漏れやミスなく従業員情報を最新の状態にすることができます。例えば、健康診断の直前に従業員情報を点検し、WELSAにアップロードするといった作業が不要になるため、法律で定められた健康診断・ストレスチェックの確実な実施にもつながります。

 ■API連携で自動更新が可能となる項目

  社員番号/姓名/性別/生年月日/メールアドレス/事業所/所属部署/役職/就業区分(カスタム項目)/雇用形態 等

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/632893/01_202205241156.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/632893/02_202205241156.pdf