千代田区がクラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer(R)」を導入

〜「千代田区DX」の一環としてクリッピング・効果測定作業をデジタル化〜

 ビルコム株式会社(本社:東京都港区 代表取締役兼 CEO:太田滋、以下ビルコム)は、千代田区(東京都千代田区九段南1-2-1)がビルコムの開発、提供するクラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer(R)」を導入したことをお知らせします。

 *ロゴは添付の関連資料を参照

■千代田区「PR Analyzer(R)」導入の目的

・「千代田区DX」の取り組みの一環として広報業務をデジタル化>

 千代田区は令和4年度の取り組みの柱のひとつに「千代田区DX」を掲げ、区の業務のデジタル化を加速させ、職員の働き方改革とより質の高い区民サービスの安定的な提供を目指しています。区の広報業務も、クリッピングや効果測定など従来は手作業でおこなっていた業務を「PR Analyzer(R)」でデジタル化し効率化します。

・「リーチ数」の分析にもとづき、広報施策を改善(※「リーチ数」特許取得済)

 TV、新聞、雑誌、Webの媒体横断で活用できる評価指標として「リーチ数」を採用。千代田区に関するメディア掲載の到達人数を分析することで、区の魅力をより効果的に伝える広報施策へ改善を図ります。

■千代田区DXの取り組みについて

 千代田区は、幅広い業務のデジタル化を加速させる「千代田区DX」を進めています。区の業務全般を職員の働き方改革や業務の重要度や効率性の観点から見直し、より質の高い区民サービスを安定的に提供できるようにするための施策です。そして、コロナ禍という未曽有の危機を「チャンス」と捉え、さまざまなことに果敢に「チャレンジ」し、未来に向けた「チェンジ」を促す取り組む中、ビルコムが提供する「PR Analyzer(R)」導入により、広報業務のデジタル化、業務効率化に活用されます。

 参考 : 千代田区HP「令和4年度区の仕事のあらまし」

 https://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/kuse/zaise/yosan/r4-yosan.html

 ビルコムは、今後も「PR Analyzer(R)」の提供価値向上に努めることで、組織の業務効率向上、広報・PRの成果を可視化し「見えるPR」の実現に引き続き貢献してまいります。

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach/632894/01_202205241159.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/632894/02_202205241159.pdf