「AI×見守りサービスkizkia-Knight」のサービスを拡充し、居室見守りサービスを発売

〜 AIによる映像解析で、介護施設のトータルな見守りを実現 〜

 三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:中野隆雅、以下「MDIS」)は、介護施設のトイレ見守り用途で提供している「AI×見守りサービスkizkia-Knight」(きづきあ-ないと、以下「kizkia-Knight」)に、居室見守り用途の新サービスを追加し、2022年5月24日から発売します。

■発売の狙い

 少子高齢化が進むわが国の介護の現場では、介護スタッフの拡充や業務の負荷軽減による生産性向上とともに、介護施設入居者の個別のニーズに柔軟に対応していくことやプライバシーへの配慮が求められています。

 こうした背景のもとMDISは、暗い場所でも人の転倒やうずくまりなどをAI(人工知能)技術で自動検知するサービスをkizkia-Knightとして2021年7月から開始し、介護施設のトイレ見守り用途で提供してまいりました。

 今回MDISは、kizkia-Knightに居室見守りサービスを追加いたします。これにより居室・トイレの両方の状況を1つのアプリで把握でき、介護職員はソフト切り替えなどのストレスを感じることなく、プライバシーに配慮した見守りが可能となりました。新しいkizkia-Knightは、ICT(情報通信技術)を活用した介護サービスの更なる高度化に貢献します。

■新サービス「kizkia-Knight R」(居室対応)の特長

1.夜間の見守りや、プライバシーに配慮した居室の見守りを実現 【図1】

 ・夜間も見守り可能なAIカメラを採用し昼夜問わず見守りが可能。夜間の見回り負荷を軽減。

 ・プライバシーに配慮した見守りが可能。よりはっきりと確認したい場合には、鮮明な映像に切り替えることで多様な要望に対応。

2.居室・トイレのトータルな見守りで介護職員の負荷を軽減、サービス高度化を支援

【図2】

 ・居室・トイレの両方を1つのアプリから見守ることが可能。

 ・スマホ、タブレットによる見守りで、駆けつけ優先度の判断を支援し、介護職員の負荷を軽減。

 ・待受画面へのプッシュ通知、録画再生による振り返りなどを通じた介護サービス高度化を支援。

3.カメラは取付け・取外しが簡単。別室への移設も容易

 ・AIカメラとアプリを導入したスマホだけで(注1)使用可能。

 ・ファスナーテープ等による取付けが可能。天井設置、壁の穴あけ・ねじ止め等の工事が不要。

 (注1) Wi-Fi通信を使用します。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/632906/01_202205241403.pdf