Red Hatのパートナー企業、Red Hat Enterprise Linux上でデータセンターからエッジまでのハイブリッド・クラウド・イノベーションを提供

 業界最大の商用オープンソース・エコシステムRed Hat Enterprise Linux 9の認定された専門知識とサポートを提供

 [マサチューセッツ州ボストン 2022年5月10日(現地時間)発表]

 アメリカ報道発表資料抄訳

 オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc. (以下 Red Hat)は本日、IT業界最大の商用オープンソース・エコシステムが、世界トップクラスのエンタープライズ Linuxプラットフォームの最新バージョンであるRed Hat Enterprise Linux 9( https://www.redhat.com/en/about/press-releases/red-hat-defines-new-epicenter-innovation-red-hat-enterprise-linux-9 )をサポートすると発表しました。Red Hat Enterprise Linux 9は、ハイブリッドクラウドの革新のための共通の、信頼すべきプラットフォームとして機能し、パートナーが物理、仮想、プライベート/パブリッククラウド、エッジ環境にわたり任意のアプリケーションの構築と実装を行い、IT環境の複雑性と規模が拡大する中で、優れた柔軟性、一貫性、信頼性によって顧客をサポートできるようにします。

■オープンでの革新

 ISVからクラウドやハードウェアのプロバイダーまで、より広範なテクノロジー・エコシステムが、革新を実現するためのプラットフォームとしてRed Hat Enterprise Linuxを長年にわたって採用し、より細かな機能と選択肢を顧客のハイブリッドIT環境に追加してきました。5,000以上の認定パートナー・アプリケーションが数百の独立系ソフトウェア・プロバイダー(ISV)によって提供されており、IDCによると2022年に1000億ドル以上の収益を生み、2026年には1380億ドルに拡大すると予想されるエコシステムに貢献しています。(1)

 Red Hat Enterprise Linux 9によって、Red Hatの広範なパートナー・エコシステムは引き続き新しいバリュー・ストリームを構築します。Red Hat Enterprise Linux 9は、Red Hatのオープンハイブリッドクラウド・ポートフォリオを支える基盤であり、クラウド環境の全域にわたって重要なワークロードを動作させるために設計されています。顧客が必要とする柔軟性を実現するRed Hat Enterprise Linux 9は、主要なクラウド・マーケットプレイスを通して提供され、顧客はAI/ML、DevOps、ネットワーキング等の幅広い分野の認定パートナー・アプリケーションを必要なときに必要な場所で、Red Hat Enterprise Linux 9上で利用できるようになります。

 1 出典:Red Hatの出資によるIDCのホワイトペーパー「The Economic Impact of Red Hat Enterprise Linux(Red Hat Enterprise Linuxの経済的影響)」、文書番号 US48931522、2022年3月

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/633005/01_202205251403.pdf