ソフトバンクと福岡ソフトバンクホークスが協業してPayPay ドームをメタバース化

 ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)と福岡ソフトバンクホークス株式会社は、福岡PayPay ドーム(以下「PayPay ドーム」)のメタバース化で協業し、2022年5月27日から次の二つの取り組みを実施します。

1. バーチャル空間に再現したPayPay ドームへの来場体験ができるサービス「バーチャルPayPay ドーム」の提供

2. 現実空間におけるメタバースの取り組みとして、PayPay ドームに来場されたお客さまへのAR(拡張現実)を活用した新たな体験の提供

 この二つの取り組みは、ソフトバンクが提供するコンテンツサービス「5G LAB」のラインアップとして展開します。

 「バーチャルPayPay ドーム」は、3Dオブジェクトで再現したPayPay ドームにスマートフォン(スマホ)などのブラウザーからアクセスし、PayPay ドームの内外を3Dアバターで自由に散策したり、コロナ禍前の定番の応援スタイルだった「ジェット風船を飛ばす」といったアクションをしたり、お客さま同士がチャットでコミュニケーションを楽しんだりできるサービスです。試合中には、投手の投球を解析して準リアルタイム(※1)にボールの軌跡をバーチャル空間に再現する国内スポーツ界初(※2)の取り組みを実施します。今後も順次、再現する空間の拡張やアトラクションを追加していき、将来的には、現実空間で行われる福岡ソフトバンクホークスの試合をまるごとバーチャル空間で配信し、さらに野球だけにとどまらずコンサートなどのエンタメコンテンツも「バーチャルPayPay ドーム」で再現することを目指します。

 また、現実空間におけるメタバースの取り組みとして、PayPay ドームに来場されたお客さまを対象に、VPS(※3)を活用して現実空間と融合したAR演出を楽しめるさまざまなイベントを、5月27日から29日まで実施します。今後は、PayPay ドームでARを活用した周辺店舗との連携などを実施することにより、現実空間におけるメタバースの体験を充実させていきます。

 ※1 サーバーでデータの解析および処理を実施し、ほぼリアルタイムでデータを配信する方式。

 ※2 ソフトバンク調べ(2022年5月25日現在)

 ※3 Visual Positioning Service/Systemの略。画像から位置を測定するサービスもしくはシステム。

1.「バーチャルPayPay ドーム」の概要

 バーチャル空間に3Dオブジェクトで再現したPayPay ドームに、スマホやパソコンなどのブラウザーから簡単にアクセスすることができる、「5G LAB」の新サービスです。3Dアバターを操作して、PayPay ドームの外周やコンコース、ドーム内を散策するといった来場体験ができる他、現実空間では一般のお客さまは立ち入ることができない、選手のロッカールームを訪れることが可能です。「ジェット風船を飛ばす」といったアクションや、お客さま同士でチャットによるコミュニケーションも楽しめます。また、国内スポーツ界で初めて(※2)、試合中のピッチャーの投球(球速・軌跡)を解析し、準リアルタイムにボールの軌跡をバーチャル空間に再現する「準リアルタイム投球体験」もお楽しみいただけます(PayPay ドームでの試合中のみ視聴可能です)。なお、「準リアルタイム投球体験」に関する機能は、特許出願済みです。

 ・提供開始日:2022年5月27日

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 「バーチャルPayPay ドーム」の詳細は、こちら( https://virtualdome.mb.softbank.jp/service/?utm_source=softbank_owned&utm_medium=press&utm_campaign=text )をご覧ください。

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/633026/01_202205251518.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/633026/02_202205251518.pdf