マルチGNSS対応!!3D-MCマストレスドーザーシステム『MC-Max Dozer』を発売

新世代MC-Xプラットフォームを採用、高速かつ高精度な排土板制御を実現!!

 株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:平野 聡)は、ICT施工システム『MC-Max Dozer』を日本国内向けに販売開始しました。新たに搭載したマルチGNSS対応受信機により、ブルドーザーの高精度で効率的な施工をより広範囲で実現します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 『MC-Max Dozer』は、マストレスで前方視界良好、高速かつ高精度な排土板制御を行う最新のドーザーシステムです。

 従来の通信システムを刷新し、搭載する3個のIMUは相互に連携して制御され、複雑な斜面でも設計通りの施工を可能とし、滑らかな仕上がりを実現します。また、マルチGNSSに対応した受信機を採用しました。受信可能な衛星数の増加により、マシンコントロールによる施工可能な範囲を広げます。

 当社は『MC-Max Dozer』の発売により、建設現場のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進し、現場の生産性向上による更なる働き方改革や環境負荷低減など、社会課題の解決に貢献してまいります。

【システム構成】

 ※添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/633053/01_202205251715.JPG

【システム構成】

https://release.nikkei.co.jp/attach/633053/02_202205251715.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/633053/03_202205251715.pdf