凸版印刷とEVERING、キャッシュレス決済とドアの解錠ができるスマートリング事業で協業

 「新しい生活様式」に対応した指輪型デバイスを軸に、ヘルスケア分野への展開も視野に入れた資本業務提携契約を締結

 凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)と株式会社EVERING(エブリング)(本社:東京都中央区、代表:川田 健、以下 EVERING)は、2022年3月に資本業務提携契約(以下、本提携)を締結しました。凸版印刷は5月31日より、リング型決済・ID認証デバイス「EVERING(エブリング)」を、入退室管理や勤怠管理など自社のセキュアサービスと組み合わせて販売開始します。

 両社は今後、不動産、セキュリティ、自動車、教育、エンターテインメントなどの各業界向けに、「EVERING」を活用した新しいサービスを開発、提供していきます。さらに、バイタルデータを取得できるリング型デバイス(開発中)を活用し、ヘルスケア分野においても新サービスの開発を目指します。

 ※ロゴは添付の関連資料を参照

■本提携の背景

 近年、キャッシュレス決済の普及に伴う決済方法の多様化や、入退室管理や製造オペレーション、エンターテインメントなど多くのシーンでの非接触操作の導入に伴い、手首や腕、頭などに装着するウェアラブルデバイスが注目を集めています。

 EVERINGは、VISAのタッチ決済ができるスマートリング「EVERING」を2021年に日本で初めて販売し、タッチレス決済だけではなくID認証によるドアの施錠・解錠などへ機能を拡張することで、あらゆる生活導線を一つに繋げ、より利便性の高い社会の実現を目指しています。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach/633384/01_202205311108.png

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/633384/02_202205311108.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/633384/03_202205311108.pdf