地域金融機関向け営業店づくり支援サービス「COCOMFY」提供開始

〜 楽しさあふれる地域金融機関の実現に向け、デジタル伝票サービス提供開始 〜

 BIPROGYは、地域金融機関の手続きや事務をデジタル化し接客時間を増やすことで、Face to Faceの強みを活かした営業店づくりを支援するサービス「COCOMFY(ココンフィ)」の提供を開始しました。

 「COCOMFY」は、営業店の職員と来店客の体験価値向上、営業店業務の効率化を目指し、地域の特性に応じた営業店づくりを支援するサービスです。第一弾として、従来提供してきた営業店システムと営業店タブレット端末システムをリニューアルするとともに、一線完結を実現するデジタル伝票サービスの提供を開始します。

 ※ロゴは添付の関連資料を参照

【背景】

 近年、金融機関店舗への来店客減少や新型コロナウイルス(COVID-19)の影響による生活様式の変化にともない、地方銀行や信用金庫などの地域金融機関で営業店の在り方が見直されています。

 地域金融機関では、営業店でのペーパーレスによる事務効率化や専用端末の削減、非対面チャネルの強化が必要である一方、地域コミュニティと運命共同体の関係であるためFace to Faceでお客さま対応を行う重要な顧客接点としての営業店の維持や、地域ごとに異なる店舗形態への対応が課題となっています。

【概要】

 「COCOMFY」は、現金・印鑑・紙を中心とした事務運用や金融機関の事務を前提に据えたレイアウトである従来の店舗から、相談やセルフ操作を中心とした店舗など地域の特性に応じた店舗づくりを支援するサービスメニューを提供します。「COCOMFY」は、営業店の職員が従来の事務から開放され、充実した接客・提案をすることができ、仕事を“楽しい”と感じ、来店客にとっても“心地よく”職員と信頼関係を築くことができる“場”を作ることを目指します。

 第一弾として、デジタル伝票サービスの提供を開始します。

 デジタル伝票サービスは、定型業務から少量多品種までの紙伝票のペーパーレスを目指すサービスです。本サービスは、営業店タブレット端末システム「BANK_FIT-Zero」、伝票作成タブレットシステム「BANK_FIT-ZeroLite」をベースにリニューアルし、地域金融機関窓口の紙伝票記入を記入時点からデジタル化し、後続の職員による事務作業も最適化するという従来の流れはそのままに、対象業務・対象伝票を地域金融機関自身が柔軟に迅速に追加できる仕組みを提供します。営業店の最前線のニーズに応え、業務をデジタル化することで、店舗事務の軽量化およびデジタル化を加速させ、地域金融機関窓口のDXの実現に寄与します。

 「COCOMFY」の特徴は以下のとおりです。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach/633417/01_202205311437.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/633417/02_202205311437.pdf