ケイデンス、検証IPのポートフォリオを拡充、

産業、自動車、ハイパースケールデータセンター、モバイルSoCの検証を加速

新製品によりSoCの高速かつ網羅的な検証および最新標準規格仕様の確認が可能に

 ケイデンス・デザイン・システムズ社(本社米国カリフォルニア州サンノゼ市、以下ケイデンス)は、6月1日(米国時間)、検証IP(VIP)の最新ソリューション15種の提供開始を発表しました。

 これにより、デザインの検証を迅速かつ効率的に実行し、最新の標準規格プロトコルを検証することが可能になります。新しいCadence(R) VIP製品は、最新の業界標準規格であるLPDDR5x、MIPI(R) CSI-2(R) 4.0およびUFS 4.0、また最新のバージョンのUSB4、Arm(R) AMBA(R) 5 CHIおよびGDDRインターフェイスなどに対応し、次世代に向けた産業、自動車、ハイパースケールデータセンター、モバイル向けSoCの確実な開発を可能にします。

 新しいケイデンスの検証IPは、極めて複雑なプロトコル仕様に対して網羅的な検証ソリューションを提供します。ケイデンスのユーザーは、バスファンクションモデル(BFM)、統合プロトコルチェック、カバレッジモデルとともに、すべての検証IPに対して一貫したAPIを使用することで、円滑に導入を進めることができます。新しい検証IPは以下のアプリケーションおよび仕様に対応します:

 ● 産業

  ◇ MIPI I3Csm 1.1

  ◇ MIPI CSI-2 4.0

  ◇ eUSB2 1.2

 ● モバイル

  ◇ MIPI A-PHYsm 1.0

  ◇ MIPI DSI-2sm 2.0

  ◇ Flash ONFI 5.0

  ◇ CAN XL

 ● ハイパースケールデータセンター

  ◇ CCIX 2.0

  ◇ AMBA CHIの最新バージョン

  ◇ GDDRの最新バージョン

 ● コンシューマーおよびモバイル

  ◇ DisplayPort 2.1

  ◇ Ethernet 5G

  ◇ LPDDR5x

  ◇ USB4の最新バージョン

  ◇ UFS 4.0

 ケイデンスの検証IPソリューションには、網羅的なカバレッジモデルおよびテストケースとリンクし、仕様に準拠した検証プランを提供するCadence TripleCheck(TM)テクノロジーが含まれており、確実にインターフェイス仕様に準拠することが確認できます。また新しい検証IPは、SoCレベルのテストライブラリー、パフォーマンス解析、データおよびキャッシュのコヒーレンシーチェッカーを提供するCadence System-Level Verification IP(System VIP)にも対応しています。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/633554/01_202206021048.pdf