映像から施工実績を自動算出する「AI解析×施工実績ソリューション:AIダッシュボード」を共同開発

 トライポッドワークス株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:佐々木 賢一、以下「トライポッド」)は、株式会社丸本組(本社:宮城県石巻市、代表取締役社長:佐藤 昌良、以下「丸本組」)と共同で、建設現場の映像データからAIを用いて、施工実績や生産性の定量的な把握が可能になる「AI解析×施工実績ソリューション:AIダッシュボード」を開発しました。

 「施工実績」は、建設業において、工程管理や原価管理を行う上で重要な指標であり、その基礎となる材料・労務・機械などの工数は、従来人手で収集し記録していました。しかし近年は、この様な人手による、作業工数の積み上げ行為の減少や、収集したデータが有効活用されていないことが課題でした。

 建設業のデジタル・トランスフォーメーション(建設DX)が急速に進むなか、丸本組では、これらの課題に対しICT技術を活用し、現場の映像データからAIを用いて求めた「施工実績」を活用して、重機の配置計画検討や配置の見直しなど、「工程短縮」や「施工効率の向上」につなげる検証を行っております。また、映像で施工履歴データを記録することにより、「安全管理」や「品質向上」など、「建設現場の生産性向上」にも寄与できるものと考えております。今回、以上の検証と今後の展開に向けて、宮城県発注の道路改良工事現場に2台のカメラを設置し、掘削工における生産性指標(施工実績、重機稼働時間、重機稼働率、掘削土量(※1))を、リアルタイムで算出する実証試験を行いました。

 本サービス「AI解析×施工実績ソリューション:AIダッシュボード」は、現場のカメラ映像をトライポッドのクラウド映像解析プラットフォーム「ViewCamCloud(ビューカムクラウド)」に集約し、クラウド上のGPU基盤で建設機械に特化したAI解析を行うことで、ダッシュボードに現場の生産性指標(施工実績、重機稼働時間、重機稼働率、掘削土量(※1))をリアルタイムに表示します。また、重機の種類ごとの稼働状況(稼働時間、非稼働時間、稼働累積時間)や掘削土量数量、積算シミュレーション等を表示することで、現場での生産状況のリアルタイムな把握を支援します。ダッシュボードは、日報・週報、月報、施工記録に分かれ、表示項目は必要に応じてカスタマイズすることが可能です。現地のネットワークカメラは、タイムラプスカメラとしても併用しており、映像を用いることで数値やグラフだけに比べて状況判断が容易となります。

 今後は、他工種への対応も進めていきながら建設現場のDX推進に取り組んでまいります。

 ※1 今回掘削土量は、ドローン測量により計測しました

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/633567/01_202206021147.pdf