セキュアで低遅延、コストパフォーマンスが高いGoogle Cloudへの接続サービス提供

〜USiZE プレミアコネクトサービス for Google Cloudを提供開始〜

 SCSK株式会社(本社:東京都江東区、執行役員 社長 最高執行責任者 當麻 隆昭、以下 SCSK)は、Google CloudとSCSKデータセンター間をつなぐ接続サービスを2022年6月下旬から提供開始します。

 データセンター上にある既存システムとGoogle Cloud間を、低遅延かつ広帯域で接続する本サービスによって、Google Cloudによるデータ活用・分析をはじめとしたDX推進を支援します。

1. 背景

 自社環境とクラウド環境を接続するには、回線や専用ネットワーク機器が必要ですが、広帯域の回線は費用が高く、また接続するための専用ネットワーク機器の購入やその環境の設計・設定、回線準備を含め利用開始までに、数ケ月程度の期間がかかることが課題でした。

 本サービスにより、お客様のこれらの課題を解決し、最先端サービスを多数そろえるGoogle Cloud環境をあたかも自社環境の延長のようにご利用いただけます。既存システムのデータをGoogle Cloud環境と接続・連携し、BigQueryやLookerなどのGoogle Cloudサービスを活用し分析したり、短期間のPoCでご利用いただいたり、容易に短期間で実現できます。

2. 「USiZE プレミアコネクトサービス for Google Cloud」の概要

 「USiZE プレミアコネクトサービス for Google Cloud」とは、SCSKが所有する兵庫県三田市のnetXDC 三田キャンパス(以下 SHキャンパス)において、SoR システムのクラウドリフト先に最適で高可用性・高機密性を備えたSCSKプライベートクラウドサービスである「USiZE シェアードモデル(※1)」と、Google Cloudを専用環境で接続するサービスです。

 本サービスをご利用いただくことで、より広帯域で、回線のコストパフォーマンスが高く、かつ短期間での利用開始が可能になります。

 また、本サービスは、SHキャンパスにて、ハウジング利用および持ち込みラックのお客様にもご利用いただけるサービスです。

 ※1 USiZE シェアードモデル :

  SoR システムのクラウドリフト先に最適な、高可用性・高機密性を備えたSCSKプライベートクラウドサービスです。

  国内最高レベルのファシリティを備えるデータセンター上に、稼働率99.99%以上の実績を誇るアーキテクチャと運用体制を備えています。

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/633573/01_202206021207.pdf