マクニカ、慈恵会グループの医療介護・ウェルネス・スマートシティにおけるDX共創パートナーとして連携

〜本州最北端 青森県において最先端テクノロジーを活用し地域貢献や社会課題を解決〜

 半導体、ネットワーク、サイバーセキュリティ、AI/IoTにおけるトータルサービス・ソリューションプロバイダーの株式会社マクニカ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:原 一将、以下マクニカ)は、本州最北端で医療介護・ウェルネス事業を複合的に経営する社団法人 慈恵会(本社:青森県青森市、理事長:丹野 智宙、以下慈恵会)およびそのグループ会社で観光業や飲食業などを経営する株式会社 城ヶ倉観光(本社:青森県青森市、代表取締役:丹野 智宙)が進めるDX(デジタルトランスフォーメーション)の共創パートナーとして、世界最先端デジタルテクノロジーとマクニカが持つインテリジェンスを掛け合わせたサービス・ソリューションを包括的に提供することで、慈恵会グループにおけるサービスの価値向上とスタッフの負担軽減、労働力不足解消を実現し、さらには地域貢献、地方創生の支援を行うことを発表いたします。

 ※ロゴは添付の関連資料を参照

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 国内のDX導入は、地域や業界ごとに大きなばらつきがあり、特に東京や大阪などの都市部に比べ地方においては、製造業など一部業界は企業によって導入が進んでいるものの、介護やヘルスケアは他業界に比べて圧倒的に遅れているのが現状です。そこでマクニカは、本州最北端の青森県でデジタル化を通じた地域貢献に使命を持って医療介護・ウェルネス・観光事業を展開する慈恵会の志に深く共感し、マクニカが持つ世界最先端デジタルテクノロジーを活用してイノベーションを起こし、共に連携して様々な社会課題を解決していきます。

 まず最初の取り組みとして、マクニカは、慈恵会が経営する介護施設の青照苑において、製造業のスマートファクトリーで導入が進むデジタルツイン(デジタル空間上の双子)を活用し、入浴順序の最適化による利用者のサービス向上と看護介護者の業務負荷軽減を実現します。また、デジタルツインを用いて入浴設備の最適な導入計画を立案するなど、トレーニングを通じて伴走サービスによる使いこなしをサポートします。

 さらに、青照苑の100床すべてのベッドにベッドセンサーを設置し、利用者の睡眠時の状況も含めたモニタリングをすることで転倒防止や急変の早期発見が可能となります。今後は、体温や血圧などのバイタルデータとの連携によるデジタルデータを活用し、ヘルスケア領域のDXを加速していきます。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach/634894/01_202206231401.png

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/634894/02_202206231401.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/634894/03_202206231401.pdf