凸版印刷、製造DXソリューション「NAVINECT(R)」で「品質管理」機能の提供を開始

各種データを活用し製造工程の異常における事前検知から処置までの管理を実現、品質管理のDXを支援

 凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)は、幅広い業界/業種向けの製造DX支援ソリューション「NAVINECT(R)(ナビネクト)」を2019年4月より提供しています。

 このたび、「NAVINECT(R)」に集約された各種データを活用したSPC(統計的工程管理)による品質管理機能を開発。「NAVINECT(R)エッジ(※1)」シリーズの新パッケージとして「品質管理」機能の提供を開始します。

 *SPC(統計的工程管理)…製造工程のデータを収集・統計的に処理・監視し、不良品の発生を未然に防止する手法

 具体的には、「NAVINECT(R)エッジ」のパッケージの1つである「DockGator(R)(※2)」を通じて様々な機器、システム、外部サービスなどからデータを収集。作業者が入力した品質に関する規格設定を基に収集データを統計的に処理することで、完成品の品質を左右する異常を事前検知し、検知後の処置状況も管理します。「NAVINECT(R)」に品質管理の実現に必要なワークフロー全体の機能を実装することにより、製造現場における品質管理のDXを支援します。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

■開発の背景

 近年、日本の製造現場における強みである高い品質についても、諸外国からの追い上げが激しく、人手による作業からデータを活用した品質管理への移行が求められています。その手法の1つとしてSPCの導入を検討する企業が増えていますが、これまでデータ監視による異常検知後、その内容が正しく関係者へフィードバックされ対処まで実施されているか、といったワークフロー全体の管理を行うためには、複数のシステムを組みわせる必要があり、導入のハードルが高いことが課題でした。

 このたび、凸版印刷は「NAVINECT(R)エッジ」において、新パッケージ「品質管理」機能の提供を開始。ワークフロー全体の管理機能をワンパッケージとして提供することで、製造現場への容易なSPCの導入を実現します。

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/635015/01_202206231121.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/635015/02_202206231121.pdf