Oracle Cloud Infrastructure、OCI Dedicated RegionとCompute Cloud@Customerで分散クラウド・サービスを拡張

 ・「OCI Dedicated Region」は新たに小規模のインフラストラクチャ・フットプリントとより低価格で利用可能になり、より多くのお客様、より多くのお客様のデータセンターに包括的なパブリック・クラウドを提供

 ・「Compute Cloud@Customer」は、ラック規模のOCIコンピュートおよびストレージ・サービスをお客様サイトに提供

 ・野村総合研究所、Vodafoneなどのグローバル企業が、「OCI Dedicated Region」を活用し、データとサービスの管理性を維持しながらクリティカル・ワークロードを実行

 テキサス州オースティン‐2022年6月23日

 (本資料は米国2022年6月21日にオラクル・コーポレーションより発表されたプレスリリース(https://www.oracle.com/jp/news/announcement/distributed-cloud-services-expansion-oci-dedicated-region-compute-cloud-customer-preview-2022-06-21/)の抄訳です)

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 オラクルは、は本日、「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」が提供する「OCI Dedicated Region」のより低いエントリ・ポイントおよび「Compute Cloud@Customer」サービスのプレビューを発表しました。これにより、100以上のOCIパブリック・クラウド・サービスをお客様のデータセンターに提供します。これらの新サービスを利用することで、お客様は多くのITモダナイゼーションの取り組みで鍵となるレイテンシ、データ・レジデンシ、データ主権に関する厳しい要件を満たすことができます。野村総合研究所やVodafoneなどのお客様は、お客様が選んだ場所でOCIのパブリック・クラウドのフル機能を利用するために「OCI Dedicated Region」を採用しています。

 IDCのクラウドおよびエッジ・インフラストラクチャ・サービス担当リサーチ・バイスプレジデント、Dave McCarthy氏は次のように述べています。「分散クラウドは、クラウド・コンピューティングの次の進化であり、クラウド・リソースの展開方法において、より高い柔軟性と管理性を顧客に提供します。顧客は、もはや場所の選択、データ主権、データ・レジデンシ、またはレイテンシによって制限されることはありません。『OCI』の分散クラウド・サービスは、業界でどこよりも多くの機能を提供し、『OCI』がリモートで管理しながら、パブリック・クラウドのすべてのメリットを顧客のデータセンター内に直接配置することができます。」

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/635027/01_202206231201.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/635027/02_202206231201.pdf