大手企業向けグループウェア「ArielAirOne Enterprise」が「Microsoft Teams」および「Microsoft Outlook」とのAPI連携に対応

− 在宅ワークでの業務効率・エンゲージメントを強化 −

 株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役最高経営責任者:秦修)は、グループ会社である株式会社ワークスアプリケーションズ・エンタープライズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員:宮原雅彦)が提供する大手企業向けグループウェア・ワークフロー・開発ツール「ArielAirOne Enterprise」(以下、「ArielAirOne」)について、2022年7月1日より「Microsoft Teams」および「Microsoft Outlook」とのAPI連携への対応を開始することをお知らせいたします。

 ※ロゴは添付の関連資料を参照

1. API連携対応の背景

 昨今の技術進化、働き方改革、DX推進やコロナ禍等の外部環境の変化により、人々の働き方は大きく変化しています。それに応じて、業務におけるコミュニケーションも、オンライン会議システムやビジネスチャットツール等のアプリケーションが急速に台頭し、その手段が多様化しています。

 大手企業向けグループウェア・ワークフロー・開発ツール「ArielAirOne」は、様々なアプリケーションとシームレスな連携を目指しており、このたびコミュニケーションツールとして非常に高いシェアを誇る「Microsoft Teams」および「Microsoft Outlook」との連携対応を開始いたします。

2. システム連携で実現すること

■「Microsoft Teams」チャット機能への連携対応により、業務効率化を支援

 チャットでのコミュニケーションがスタンダードになりつつある一方で、会議の予定管理やワークフローの申請承認業務は別のツールで管理されており、複数のシステムを巡回する手間が発生しています。

 今回の連携対応により、「ArielAirOne」に登録された会議予定やワークフロー承認依頼等の情報は「Microsoft Teams」のチャット上でも通知されるようになります。複数のシステムを往来することなく、リアルタイムで情報確認ができ、複数システムを巡回する煩わしさを解消します。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach/635174/01_202206241519.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/635174/02_202206241519.pdf