DNP Chatbotプラットフォームに低価格で始められるキャンペーン応募機能を拡充

企業のLINE公式アカウントから生活者へさまざまなキャンペーンを提供

 大日本印刷株式会社(DNP)と、グループ会社で企業の総合的なマーケティング施策を支援する株式会社DNPコミュニケーションデザイン(DCD)は、2016年よりLINE公式アカウントのMessaging APIを活用した自動会話プログラム(Chatbot:チャットボット)を用いて、生活者のニーズに合わせて企業の情報を発信する「DNP Chatbotプラットフォーム」(*1)を提供しています。

 今回、企業のLINE公式アカウントを友だち追加している利用者を対象として、応募時に当落判定するキャンペーン(インスタントウィン)や、キャンペーン等で貯めた独自マイルで応募できるキャンペーンの機能を拡充し、6月から提供します。これらの機能は新たに大規模な開発を行わなくてもオプション機能として利用できるため、企業は特別な開発コストをかけずに、より多様なキャンペーンを実施できます。

 *1 DNP Chatbotプラットフォームについて https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/detail/1189693_1567.html

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

【キャンペーン機能追加の背景】

 多くの生活者がLINEを利用している状況に対して、企業は自社のLINE公式アカウントを開設・運用して、生活者への情報発信やマーケティングに注力しています。生活者も日々利用するLINEで企業からの各種情報を受け取ることで、キャンペーン応募や問い合わせも行うなど、LINEが生活者と企業をつなぐようになっています。

 こうした中でDNPは、企業のLINE公式アカウント向けに「DNP Chatbotプラットフォーム」を2016年より提供しています。これまで、企業のLINE公式アカウントとして多くの友だちを有するJR東日本やライフスタイルコスメティックブランドのロクシタンジャポン など、電力・小売・流通等の多くの企業に採用されています。今回、チャット形式の自動応答やデジタル会員証、ユーザーの行動を可視化するビジネスインテリジェンス(BI)解析といった従来の機能に加え、複数のキャンペーン応募機能を拡充して、パッケージサービスとして提供していきます。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/635225/01_202206271057.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/635225/02_202206271057.pdf