ワーケーション導入に向けた実証実験を開始

〜函館市役所の支援を受け、東京勤務の社員が函館で勤務を行う「Stayworkプログラム”Fun to work,Fun to live”」を開始〜

 株式会社インテリジェント ウェイブ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:佐藤邦光、以下:IWI)は、ワーケーションの効果検証を行うため、北海道函館市の函館事業所のオフィスで最大1か月間勤務できる「Stayworkプログラム”Fun to work,Fun to live”」を通じて、6月20日から9月30日までの期間、本社勤務の社員を対象とした実証実験を開始します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

【実証実験開始の背景】

 新型コロナウイルス感染症の拡大をきっかけにテレワークが浸透する中、新しい働き方の一つとして、休暇を兼ねて、ホテルやリゾート地などで仕事をする「ワーケーション」が注目されています。政府もテレワークに加えてワーケーションの働き方を推奨し、普及に向けて様々な取組みを行っています。

 IWIは、社員の「働きやすさ」と「働きがい」を追求し、多様な人財の活躍を推進しています。そうした中で、社員の健康と活躍をさらに後押しするため、本社勤務の社員の新たな働き方としてワーケーションの導入を目指し、函館事業所「ウェイブ函館」において、「Stayworkプログラム”Fun to work,Fun to live”」を通じたワーケーションの効果検証を実施します。

【Stayworkプログラム”Fun to work,Fun to live”について】

 2022年6月20日から2022年9月30日までの間、最大10名の本社勤務の社員が2週間〜1ヶ月の連続した期間、函館事業所で勤務します。

 社員の宿泊や通勤にかかる費用は、長期出張としてIWIが負担します。社員は基本的に、IWIが契約するウイークリーマンション等にて宿泊し、バス/タクシーまたはレンタカーで移動します。

 なお、本プログラムの実施にあたっては、函館市役所のご支援のもと、社員への安全な環境の提供に努めています。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/635237/01_202206271144.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/635237/02_202206271144.pdf