シリコンバレー発のAIテクノロジーカンパニー「パロアルトインサイト」

2023年に予定している芝国際中学校・高等学校の誕生に向け、AI人材育成カリキュラム「AIと私〜AIで幸せを作ろう〜」をアップデート

男女ともにデータサイエンスを学び、未来へ羽ばたいていく中高生のキャリアプラン設計に繋がる内容を目指します

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 パロアルトインサイト LLC(本社:シリコンバレー、CEO:石角 友愛)は、高校生向けAI人材育成カリキュラム「AIと私〜AIで幸せを作ろう〜」を、2023年に予定している芝国際中学校・高等学校の誕生に向けて、ジェンダーに関する国際的な意識やAIの素養を身につけることができるインクルーシブなカリキュラムにアップデートいたします。男女ともにデータサイエンスを学び、未来へ羽ばたいていく中高生のキャリアプラン設計に繋がる内容を目指してまいります。

 「AIと私〜AIで幸せを作ろう〜」は、パロアルトインサイト CEO 石角友愛(いしずみ・ともえ)、同 CTO 長谷川貴久(はせがわ・たかひさ)が講師を務め、全10テーマからなるオンライン講座です。AIの技術的な側面だけでなく「なぜ、私が学ぶことに意味があるのか」、というところにフォーカスを当て、社会問題解決に使われるAI事例やビジネス導入事例などを交えて、座学ではなくプロジェクトベースで生徒にAIの技術やビジネス応用の理解、さらには国際的なジェンダー感覚や倫理観の醸成を促す内容となっています。2021年11月から2022年3月にかけて全10日間、20コマのカリキュラムを開設し、本講座を受講した学生からは「AIの事を難しく考えていたが身近に感じられた。」「AIが得意な事、不得意な事がわかった事ので、未来に対してワクワクしてきた。」「企業が単純作業をAIに任せて他に人員を回せるようになってほしいので、AIに今より効率よく勉強させることができる方法や技術を開発する方法を学びたい。」といった声が上がりました。

 もともと、「AIと私〜AIで幸せを作ろう〜」は、昨今課題視されているジェンダーギャップの一つ、女性が大学でSTEAM(スティーム)(*1)教育を学んだり、IT業界の技術職で働く比率が低いことに課題を感じて女子校の学生向けに始動したプロジェクトですが、女性に限らず、男女ともにデータサイエンスを学び、これから未来へ羽ばたいていく中高生が、自主性を持って大学進学やその後のキャリア、ライフプラニングができるような、さらに多角的なカリキュラムを目指してまいります。

 パロアルトインサイトは、日本のAIを民主化することをミッションに掲げ、今後もAI人材育成を目指した活動を推進してまいります。

 *1 STEAM教育とは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Arts(芸術)、Mathematics(数学)の分野を統合的に学び、将来、科学技術の発展に寄与できる人材を育てることを目的とした教育プランです。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/635294/01_202206271557.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/635294/02_202206271557.pdf