凸版印刷、理想的なスイングを手に入れるゴルフトレーニングシステムを開発

アスリートの動作解析を基にした、初級者のスイングを効率的に改善するトレーニングシステムを販売開始

 凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)は、スポーツトレーニング領域においてアスリートの動作解析データを基にした、最適な体の動きを学ぶことができるトレーニングシステムを開発。その第一弾としてゴルフ向けに2022年7月1日(金)より販売を開始します。

 本ゴルフトレーニングシステムは、2020年から学校法人日本体育大学(所在地:東京都世田谷区、学長:石井 隆憲、以下 日本体育大学)と共同で研究開発している「標準動作を活用したループ型動作トレーニングシステム」で、複数のゴルフアスリートの動きを平均化した「標準動作」と比較し自らの動作の改善点を抽出し、可視化することが可能となる仕組みです。

 なお、本ゴルフトレーニングシステムは単体での販売のほか、ゴルフシミュレーションシステムを開発・販売する株式会社GPRO(本社:兵庫県尼崎市、代表取締役:川本 秀昭)のゴルフ弾道測定機「SkyTrak(スカイトラック)」とのセット販売も開始します。

 ※イメージ画像・参考画像は添付の関連資料を参照

■ゴルフトレーニングシステム開発の背景

 スポーツにおいては正しい動作を身に着ける事が、上達・怪我防止・選手寿命の延長に必要不可欠とされています。そこで凸版印刷は、日本体育大学と共同で、スポーツバイオメカニクスに基づく複数のアスリートの動作解析データを活用した動作トレーニングシステムを開発。この仕組みに基づき開発されたゴルフトレーニングシステムを活用することで今までにない効率的な動作向上が期待できます。

 初級者のゴルファーが抱える課題である、「美しいスイングを身に付けたい」「我流で練習したためオーソドックスなスイングを体得したい」「スイングが安定せず飛距離が出ない」などの解決を目指します。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

イメージ画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/635684/01_202207011142.jpg

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/635684/02_202207011142.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/635684/03_202207011142.pdf