ジュニパーネットワークス、業界初となる包括的なSASEソリューションを発表

「Juniper Secure Edge」にCASBとDLPの新機能を追加

 「Juniper Secure Edge」のSSE機能、一元化されたセキュリティ管理、Mist AIを活用したSD-WANソリューションを提供

 ジュニパーネットワークス(本社:カリフォルニア州サニーベール、NYSE:JNPR)は本日、Cloud Access Security Broker(CASB)および高度なデータ損失防止(DLP)の機能を「Juniper Secure Edge」に追加し、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)ソリューションを拡張することを発表しました。Mist AIを活用したジュニパーネットワークス独自のSD-WANソリューションと組み合わせて、エッジとデータセンターの両方を可視化するフルスタックのSASEソリューションを業界で初めて提供します。

 これにより、SASE導入フェーズにかかわらず、お客様は「Juniper Secure Edge」ソリューションを基盤とした安全性と運用効率に優れたSASEアーキテクチャの導入が可能になります。さらに、エッジのSASEアーキテクチャとゼロトラストのデータセンターアーキテクチャを同一の管理UIと単一ポリシーのフレームワークで運用でき、可視性やセキュリティ体制のギャップといった課題を解決し、Juniper Connected Securityの恩恵を受けることができます。

■SaaSアプリケーション向けのアクセス保護とデータ流出防止

 ジュニパーネットワークスは、CASBとDLPによりSaaSアプリケーションを保護し、不正アクセス、マルウェアの配布、データ流出を防止します。これらの機能は、ジュニパーネットワークスの「Juniper Secure Edge」の一部として提供されます。「Juniper Secure Edge」は、「Juniper Security Director Cloud」で管理されたクラウド型セキュリティソリューションであり、リモートユーザーもオンプレミスユーザーも同様に保護します。「Juniper Security Director Cloud」は、単一のポリシーフレームワークを活用し、1つの管理ポータルからゼロトラストのアーキテクチャやSASEアーキテクチャを容易に管理できます。「Juniper Secure Edge」にCASBとDLPが追加されたことで、お客様には以下のメリットがもたらされます。

 ●認証されたユーザーのみがアクセスできるようにすることで、クラウドにあるデータへの不正アクセスを防止します。データアクセスの制御によって、承認済みおよび非承認のSaaSアプリケーションのデータ、利用、コンプライアンス、脅威防止、アクセスにおける可視性と制御を可能にし、「Juniper Secure Edge」のクラウド型セキュリティ機能を補完します。

 ●ユーザー、SaaSアプリケーションとそのデータに対してIDベースのマイクロ境界を設定し、組織内の機密データの安全性を維持することで、DLPによるIT業務やセキュリティ部門の可視性の向上を可能にします。

 ●ユーザーの行動をきめ細かく制御するとともに、SaaSアプリケーション内の既存/新規ファイルをすべてスキャンしてマルウェアを検出し、侵害されたファイルのアップロードとダウンロードを防止することで、SaaSアプリケーションを不正アクセスから保護します。

 ●SASEへの段階的な導入を可能にします。企業は、既存のSRXセキュリティポリシーを活用し、それを「Juniper Secure Edge」でSASEアーキテクチャに拡張できるため、将来のビジネスニーズに応じてSASEの範囲を拡張させることが可能です。SD-WAN、Security Service Edge(SSE)のいずれか、またはその両方において、企業が求める柔軟性と簡素化を実現します。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/635690/01_202207011222.pdf