NEC、グローバル5G事業の強化に向けて、Open RANの構築事業を手掛けるアイルランド企業を買収

 NECは、通信事業者向けに5G Open RANシステムの構築事業を手掛けるAspire Technology Unlimited Company(本社:アイルランド・ダブリン、CEO:Bill Walsh、読み:アスパイヤーテクノロジー)の全株式を取得する株式売買契約を締結しました。本買収は必要な手続きを終了した後、今月中に完了予定です。

 2009年に設立されたAspire Technologyは、5G Open RANシステムの導入や最適化を目指す世界の大手通信事業者に、コンサルティングやシステム構築サービスを提供してきました。同社は設立当初からOpen RANを提唱しており、通信事業者・メーカー・システムインテグレーターなどがオープンなネットワークを迅速に開発・構築・試験できる環境としてAspire Open Networks Labを構築し、利用を促進しています。

 NECは世界でもOpen RANの取り組みで先行しています。具体的には、Open RANをエンドツーエンドで実現するハードウェア・ソフトウェア製品、基地局とコアネットワークを接続するトランスポート、コアネットワーク、運用の自動化・オーケストレーションを可能にするソフトウェアを提供するとともに、それらを統合するシステム構築力も有しています。今回の買収は、NECの5G Open RANシステムの設計・構築力を強化するものです。

 NECは今後もエンドツーエンドのOpen RANソリューションとシステム構築力を有するリーディングプロバイダーとして、2025中期経営計画の実現に向けてグローバル5G事業に注力していきます。

 ※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/635709/01_202207011502.pdf