ジョルダン株式会社

7月6日より、白河市・コワーキングスペース「ラ・クリエーションプラス」で予約管理、および顔認証技術を用いた入出管理の稼働開始

〜予約から利用までDXの活用で運営コスト削減と利便性向上を実現〜

 ジョルダン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤俊和、以下ジョルダン)は、白河市産業プラザ人材育成センター(福島県白河市中田140)内にあるコワーキングスペース「ラ・クリエーションプラス」(白河市、一般社団法人産業サポート白河運営)へ予約管理および顔認証技術を用いた入出管理システムを納入し、2022年7月6日(水)から白河市・一般社団法人白河市産業サポート白河にて運用を開始しました。顔認証技術を活用した公共施設の入出管理は、福島県内では初めての試みとなります。

 新型コロナウィルスの影響により今後も非対面・非接触の来客対応が求められるとともに少子高齢化により人手不足となり、施設の管理が難しくなっている現状があり、施設の管理運営コスト、利便性の向上を目的とし導入されました。顔認証入退管理システムは、ジョルダンの提供するクラウドサービス「JorudanStyle3.1」の予約・決済サービスとパナソニック コネクト株式会社の顔認証技術を連携させ、瞬時に認証・予約確認を照合、入出管理を実現しました。

 利用者は、スマートフォンやパソコンから予約サイトにアクセスし、利用日時を予約。予約当日、入出口に設置された顔認証機器により本人確認・予約確認を行い施設を利用します。精算は後日クレジットカード決済により実施します。予約から利用、精算までを人手を介すことなく実現でき、アフターコロナ時代に即した運営により人手不足対応、利用管理の効率化を目指します。

 システムの概要は別紙の通りです。

(参考)

■ジョルダンとは…

 1979年12月に設立したジョルダンは、乗換案内を中心とするソフトウェア開発や携帯コンテンツ事業を軸に、旅行業などのビジネスを展開し組み合わせることで、「移動に関するNo.1 ICTカンパニー」としての地位を確立することを経営戦略として掲げています。ジョルダンの主要サービスである「乗換案内」のスマートフォンアプリは累計4,000万ダウンロードを越え、多くのユーザーの「移動」をサポートしています。また、2018年7月、JMaaS株式会社を設立し、交通サービスのプラットフォームへの参画企業を募るなど、MaaSビジネスを積極的に展開しています。

 ※別紙は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

別紙

https://release.nikkei.co.jp/attach/635981/01_202207061543.pdf