小売業界のDXを推進するフェズ、インテージと店頭棚画像の解析領域において連携を開始

小売店舗の店頭棚画像をAI解析し、商品の陳列状態を可視化

売上と店頭の状態が相関で把握できるソリューションを開発

 小売業界のDXを推進する株式会社フェズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:伊丹順平、以下フェズ)は、市場調査・マーケティングリサーチなどのマーケティング支援事業を展開する株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩、以下インテージ)と、小売店舗の店頭棚画像の解析領域において連携を開始することをお知らせいたします。両社は2022年6月に、商品情報データベースおよび店舗情報データベース「i-Store DB(R)」の活用においても連携を開始しております。

 *ロゴは添付の関連資料を参照

 今回の連携は、フェズが店頭領域において提供するソリューション「ラウンダープラットフォーム」とインテージ社が提供するAI画像解析システムの連携により、小売店舗における最新の陳列状態のモニタリングと、店頭の状態と実店舗の売上を相関で把握・分析することを可能にします。

 ラウンダーがラウンド業務をした際に取得する店頭画像を基に、店頭の棚に陳列されている商品のフェイス数や陳列場所、プライスPOPや販促物の取り付け有無などの陳列状態を、AIにて画像解析を行い、精緻に数値化します。これらの数値とフェズが連携する対象の小売事業者のPOSデータやID POSデータと連携することで、店頭の状態と売上との相関が把握可能になります。

 さらに、陳列状態に問題のある店舗や商品を特定したうえで、ラウンダープラットフォームによって改善を図り、生活者が買い求めやすい売場を常に保ち、商品の売上向上を目指します。

 フェズとインテージ両社の取り組みによって、小売事業者とメーカー各社が共通のデータを見ながら、協創し、売れる売場を作れる世界を目指します。

 ※ フェズが連携するPOSデータやID POSデータは、各小売事業者様より許諾を得た際に利用が可能です。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 *以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach/635982/01_202207061547.jpg

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/635982/02_202207061547.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/635982/03_202207061547.pdf