文部科学省が具体的な方策を公開、安価な端末展開も重要な課題に

 教育現場におけるICT化に向けた動きが、本格化している。文部科学省は2017年12月に「教育のICT化に向けた環境整備5か年計画」を公表していたが、新たに具体的なガイドラインとして「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策(最終まとめ)」が、2019年6月に発表されたのだ。

 その中には、新時代に求められる教育、教育現場でICT環境を基盤とした先端技術・教育ビッグデータを活用することの意義、近未来の教育のイメージなどが盛り込まれている。さらに注目したいのは、ICT環境整備について取り組むべき課題も明記されている点だ。

 ここで挙げられている課題は、大きく3つある。1つ目が「先端技術」で、具体的な方策として学校現場における先端技術利活用ガイドラインの策定が挙げられている。2つ目は「教育ビッグデータ」であり、教育データの標準化と学習履歴などの利活用が検討されている。

 そして最後の3つ目が「学校ICT環境」であり、幼稚園・保育園から高等学校までの教育機関に学術情報ネットワーク「SINET」を開放するとともに、安価な端末の展開やクラウド活用の積極的推進が掲げられている。端末については、全国平均5.6人に1台程度(2018年3月時点、文科省、新時代の学びを支える先端技術活用推進方策(最終まとめ)より)だったものを、5年以内の工程表を示すことで、机や椅子のようにパソコンを配備すること、最終的には生徒一人ひとりに用意されるべきものとして目標が据えられている。

 この目標を達成するために注目が高まっているのが、Chromebook™ である。それではなぜ Chromebook が注目されているのか。海外の教育現場ではどのような状況なのか。そして具体的に、どのような製品を選択すべきなのだろうか。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。