IT部門に大きな疲弊感をもたらしている“クラウドの乱立”状態

 クラウドの積極的な利活用が叫ばれ始めて数年が経つ。今では多くのユーザー企業で、新たなIT環境を構築する際には“クラウドファースト”が大前提となっている。言うまでもなくクラウド利用には、数多くのメリットがあるからだ。

 必要なリソースの予測ができない中、クラウドを利用すればスモールスタートでシステムを立ち上げ、すぐにビジネスを開始することができる。また思うような効果が得られなければ、すぐに利用を止めて別のサービスを試すことができるし、ITコストを経費化することも可能だ。オンプレミスより運用の手間も軽減できる。

 こうしたクラウド利用がより進んだ状態が、オンプレミスとクラウドを組み合わせて利用するハイブリッドクラウドや、複数のクラウドサービスを連携して利用するマルチクラウドと呼ばれる環境だ。ハイブリッドクラウドなら、オンプレシステムのバックアップやDR対策としてクラウドを利用することが可能となるし、マルチクラウドなら、サービスとして提供されるデジタルマーケティングツールなど多様な最新ソリューションをいち早く自社内に取り込んで、デジタル革新を推し進めていくこともできる。

 しかし現在、こうしたいわば“クラウド乱立”の社内環境が、ユーザー企業のIT部門に大きな疲弊感をもたらしているという。この点について、富士通株式会社 デジタルビジネス推進本部 サービス&プロダクトビジネス統括部 PRIMERGY商品企画部 シニアマネージャーの尾藤篤氏は、次のように指摘する。

 「今は多様なクラウドサービスが提供されるようになり、お客様の選択肢は広がりました。データベースやストレージなどクラウドサービスの適用領域も拡大しています。しかしこうした様々なクラウドサービスを組み合わせてITインフラを構築することは、一方でシステムが複雑化していくことを意味します。結果、運用の負荷は高まることになります。実際にクラウドの運用が複雑化したために、その部分を外部のITベンダに依頼しているというお客様も多い。本来クラウドは運用の手間がかからないのがメリットのはずですが、これでは本末転倒です。我々は今、クラウド一辺倒の姿勢を見直すべき時に来ていると考えています」。

 具体的には、システムの特性に合わせてオンプレミス環境とクラウド環境を“適材適所”で使い分けることを考えていく必要があるということだ。その際の解決策となるのが、HCI(Hyper Converged Infrastructure)の採用だ。HCIとは、仮想ストレージプールを内包するサーバ群だけで構成された仮想化基盤である。

富士通株式会社
デジタルビジネス推進本部
サービス&プロダクトビジネス統括部 PRIMERGY商品企画部
シニアマネージャー
尾藤 篤氏

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。