変化するコミュニケーション、最適なTV会議のかたちとは

 「場所」の制約を超えて、緊密かつスムーズなコミュニケーションを行い、ビジネスコラボレーションを加速する――。働き方改革の推進、そして激化する市場競争を勝ち抜いていくためには、従来の考え方にとらわれないワークプレイスを実現することが、企業のミッションとなっている。

 市場には、そのための様々なコラボレーションツールが登場している。

 例えば「ビジネスチャット」。メールよりも気軽かつスピーディにコミュニケーションが行える点が人気だ。資料共有や会議など、多彩な機能を備えたツールもあり、テレワーカーなどに有効活用されている。

 一方、より機密性の高い情報のやりとりや、複数名のコミュニケーションに向いているのが「テレビ会議」だ。

 いわゆる遠隔会議ツールは、テレビ会議以外にも「電話会議」「Web会議」などがビジネス現場で長く利用されてきた。在宅勤務やリモートワークには、電話会議やインターネット接続でスマートフォンやモバイルPCから手軽に会議に参加できるWeb会議が、エグゼクティブの会議や取引先との打ち合わせなどには、専用ネットワークによる閉域網接続で高品質で安定した通信が強みとなるテレビ会議が向いているだろう。

 このように、コミュニケーション環境が多様化する中では、それぞれが備える特長や弱点をしっかり把握し、最適な環境を整えることがカギになる。

 中でも、今注目すべきは、上で紹介したテレビ会議である。導入から長い時間が経過した企業も多く、最新の業務事情に即したものになっていないケースがままある。現在は、新しい特徴を多数備えた新サービスが登場している。

 テレビ会議をとりまく最新状況と、具体的なサービスについて、次ページ以降で紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。