徹底したこだわりと、独自性の高い表現でファンを魅了する神風動画

 2003年に設立されたアニメーションスタジオ、神風動画。2012年に公開されたTVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』のオープニングで存在感を発揮したほか、深夜アニメ『ポプテピピック』や長編アニメーション映画『ニンジャバットマン』など、数々の話題作を作り続けている。

 最近ではNHKみんなのうたで放送されたポルカドットスティングレイ『トゲめくスピカ』の映像を手掛け、「美しすぎる」とネットなどで話題になった。また、2019年にスタージル・シンプソンのニューアルバム『SOUND & FURY』のビジュアルアルバムに企画から携わり、オリジナルな世界観とストーリーへの注目も高まっている。講談社「ヤングマガジン」で連載されている『ギャルと恐竜』のアニメ制作を行うなど、その独自性の高いアニメーション表現は、数多くのファンを魅了し続けている。

神風動画が制作している作品の例。上から、NHK みんなのうた『トゲめくスピカ』、スタージル・シンプソンのビジュアルアルバム『SOUND & FURY』、TVアニメ「ギャルと恐竜」。アニメーションという枠にとらわれない、独自性の高い表現が特徴的だ

 神風動画の社訓として掲げられているのは「妥協は死」。「作品を死ぬまで背負う覚悟があるか?」という映像表現への徹底したこだわりこそが、前述の様々な作品を生み出したといえるだろう。

 「私たちはアニメーションという表現方法だけではなく、あくまでも映像を作っているという意識で作品に取り組んでいます」と語るのは、神風動画の水野 貴信氏。『トゲめくスピカ』は水野氏が担当しているが、これらもそのスタンスで制作されたものだという。「ベースは3DCGを利用してセル画風のアニメーションを作る作業ですが、毎回必ず新しい手法を取り入れています。実際に何を取り入れるのかは、作品のテーマや案件によって異なりますが、常に自分たちで面白い手法を生み出していきたい、という想いで作品作りを進めているのです」。

有限会社神風動画
取締役/演出
水野 貴信氏

 その一方で同社は、残業や徹夜をしない働き方を推奨する"ホワイト企業"として知られており、過酷な労働環境が多いといわれるアニメ業界では珍しい存在だ。しかし「妥協をせずに新しいことに挑戦すること」と「残業や徹夜をしない」を両立するには、効率的な作業環境が不可欠だ。神風動画はどのようにして、その環境を作り出しているのだろうか。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。