ビジネスに貢献するITを目指し、情報システム部門を再編

 多彩なパブリッククラウドが登場し、そのサービス内容がどんどん充実している現在、企業システムのクラウドシフトが加速している。そこで検討が必須になるのが、最適な情報セキュリティ対策の在り方である。

 クラウドは、オンプレミスとはシステムの利用方法やアーキテクチャが異なるため、適した守り方も異なる。対策の手法やソリューションを再検討することはもちろん、組織体制も見直さなければ、ビジネスの安全を守ることは難しい。様々な企業が、そのための取り組みを進めている。

森永乳業株式会社
経営戦略本部
IT 改革推進部
アシスタントマネージャー
石井 俊光氏

 総合乳業会社として「森永のおいしい牛乳」やチルドカップコーヒー「マウントレーニア」、アイスクリーム「ピノ」など、私たちにおなじみの数々の商品を提供している森永乳業もその1社だ。創業100周年を迎えた2017年には、新たなコーポレートスローガン「かがやく“笑顔”のために」を掲げ、人々の健康で幸せな生活と豊かな社会の創造へのさらなる貢献を目指している。

 同社の情報システム部門は近年、組織を変革して新しいスタートを切った。具体的には、情報システム部門を、IT戦略企画に特化したIT改革推進部と、システム開発・運用・支援などを担う情報システムセンターという2つの組織に再編。よりビジネスに貢献するITを目指す取り組みを強化したのだ。

 「部員全員で自分たちのあるべき姿を描き、12条にわたる『情報システムウエイ』という行動原則をまとめました。デジタル時代のビジネスを担っていくという明確な意識をもって、ITをいかに活用していくべきかを検討しています」と同社の石井 俊光氏は紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。