ここ最近、社内外に散在するデータを収集・分析・可視化して、次の事業戦略に活用しようとする動きが活発化している。しかし現実的には、システムからのデータ抽出や分析用のデータ加工を業務部門の代わりに情報システム部門が対応している企業もまだまだ多い。これでは情報システム担当者の負荷は高まる一方だ。何かよい解決策はないものだろうか。

経営層と現場の双方のニーズに応えるデータ活用の仕組みが必要

 ビジネスを取り巻く環境が目まぐるしく変化し続ける現在は、もはやかつてのように経験や勘だけで先を見通せる時代ではなくなった。競合他社との競争も厳しさを増し、どの企業も生き残りを賭けて先手を打とうと躍起になっている。そうした中、注目を集めるようになったのが、データの分析結果を事業課題の解決や経営戦略の立案、迅速な意思決定に役立てるデータドリブンの考え方だ。

 しかしそれを実践するのは容易なことではない。データを分析・可視化して活用するには、社内外に散在するデータを収集してさまざまな角度から処理を加え、わかりやすく可視化しなければならない。それを実現するには、データ分析に関する知識を持った人材と分析処理を行うツールが必要になる。

 だが、企業には必ずしもデータ分析の知識を持った人材がいるわけでもなければ、分析処理を行うツールがあるわけでもない。結局は、情報システム部門がデータ分析処理を行う役目を担うことになる。そしてツールには、業務で日常的に使用しているExcelを利用するのがお決まりのパターンだ。

 Excelであれば業務部門が直接使ったらよいのではないか――。もちろんそのケースも多いが、Excelに標準搭載されているデータ分析機能は高度な知識が必要されることもある。また、簡単なデータ分析を行うにしても、必要なデータをシステムから抽出して業務部門に提供する情報システム部門の負担は解決できない。負荷の高い業務を日々こなしている部門であるがゆえに、依頼しても時間がかかってしまうことも多くの企業の悩みとなっている。

 デジタルトランスフォーメーションの推進や高度なデータ活用に対する経営層の要望に沿ったシステムを提案する立場としても、現場からのデータ依頼の業務負荷を削減するためにも、情報システム部門にとってデータ分析ツールの導入は無視できないテーマだ。そのためにも、まずはExcelから卒業し、業務部門でも使いこなせて、かつ普及させやすいツールを導入することが近道だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。