DX推進に不可欠なデータサイエンスをどう進めるべきか

 デジタルトランスフォーメーション(DX)を、重要な経営課題として積極的に取り組む企業が増えている。ただ、その実現は容易なことではない。DXを成功させるには、これまでの成功体験で培われてきた思考方法を大きく転換し、新たな発想で価値を生み出す必要があるからだ。

 こうした変革を推進するために、重要な役割を果たすのがデータサイエンスである。例えば、IoTを活用し、工場における生産効率を高めていくケースを考えてみよう。そのためには生産現場のIoTでデータを収集し、その結果を再び生産現場にフィードバックすることになるが、当然ながらデータをそのままフィードバックしても意味がない。膨大なデータを機械学習やディープラーニングに学習させ、そこから何らかのモデルを作成し、「次に何を行うべきか」を生産現場に指示しなければならないのだ。

 それではDX推進に向けたデータサイエンスへの取り組みは、どのように進めるべきなのか。そこで直面する課題と解決策も含め、この分野に詳しい有識者に話を聞いた。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。