デスクトップ仮想化の本命「DaaS」のメリットとは

 コロナ禍の影響で外出や移動が制限される中、一気に加速したのがテレワークだ。しかし、十分な準備が整わないままテレワークの実施に踏み切った企業は少なくない。そうした企業の多くが採用したのがリモートデスクトップだ。

 リモートデスクトップは、オフィスにある既存の端末を活用して、容易に遠隔での作業環境が構築できる。自宅からは個人所有のBYOD端末でもオフィス内のPCに接続でき、データはそのまま既存端末に保存されるため、情報漏えいのリスクを低減できる。とはいえ、遠隔から端末へのアクセスを許可することになるため、様々な脆弱性を突いた不正アクセスのリスクが生じ、社内ネットワークのほかのPCへの攻撃も含め、被害が拡大する恐れも指摘されている。また、リモートデスクトップの設定は個別の端末ごととなるため、管理者にとってはソフトウエアやOSの更新などの手間が煩雑になる。こうした作業に追われて、疲弊している担当者も少なくないはずだ。

 この問題を解決するため、最近はオンプレミス型のVDI(デスクトップ仮想化)を選択する企業が増えているが、中堅・中小企業では新たな課題に直面するケースもある。

 その1つが「拡張の難しさ」だ。スモールスタートで順次規模を拡大させていこうと考えていても、ユーザー数が増加するたびにVDIの再設計・再構築に手間がかかり、思うように拡張することができない。

 2つ目が「運用管理の複雑化」だ。VDIの構成要素はサーバー、ストレージ、ネットワークなど広範囲にわたり、サーバーOSや仮想化ソフトなどのバージョンも複数混在するケースがある。一人情シスや兼任情シスが多い中堅・中小企業は、膨大な作業に忙殺され、運用が維持できなくなっていく。属人的な運用になることも多く、高齢化などで担当者が代わる際にも引き継ぎがうまくできないことが多々ある。

 3つ目は「コストの増加」。規模拡張に伴うハードウエアの増設費、運用管理の複雑化による人件費の追加など、予想以上に膨らむコストも考えておかなければならない。

 こうしたことから注目されるようになったのが、クラウド環境を利用するDaaS(Desktop as a Service)だ。デスクトップ環境をクラウドから提供するDaaSでは、OS以下のレイヤーをサービスとして利用できるため、オンプレミス型のVDIで必要だった設計・構築・運用にかかる負担を大きく減らせる。インフラも自社で用意する必要がなく、初期導入コストが低減され、ユーザー数の増加に応じた拡張も容易だ。自宅などから利用する端末も、ディスプレイとキーボード、Webブラウザか専用クライアントソフトが動作する必要最低限の環境があればよく、担当者は個々の端末のOSやソフトウエアなどを管理する必要もない。

 DaaSの活用でメリットがあるのはIT担当者だけではない。経営的にも大きなインパクトをもたらす。テレワークがいわば「当たり前」となっていく中、場所に縛られず、柔軟かつセキュアに働ける魅力ある職場環境を用意することは優秀な人材を確保することにつながるからだ。特に人手不足に悩む中堅・中小企業にとっては、今後の事業を左右する最重要テーマだといえるだろう。

 このような数多くのメリットを備えるDaaSだが、各ベンダーが提供するDaaSの内容は決して一律ではない。どのようなポイントで選ぶべきなのだろうか。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。