図鑑の世界を“めぐる”体験型施設が誕生

 デジタル化の流れはますます加速し、社会を大きく変えようとしている。感動や興奮、楽しさをもたらすエンターテインメントの世界も大きく様変わりしつつある。デジタルで表現の幅が広がり、新しい体験が可能になったからだ。

 その可能性に挑み、新境地を切り開いた組織がある。佐々木ホールディングス、小学館、エイド・ディーシーシー(以下、AID-DCC)、ドリル、電通、サニーサイドアップ、朝日新聞社の7社が設立した「ずかんミュージアム有限責任事業組合」(以下、ずかんミュージアム)である。体験型デジタルミュージアム「ZUKAN MUSEUM GINZA powered by小学館の図鑑NEO」(以下、ZUKAN MUSEUM GINZA)を2021年7月16日、東急プラザ銀座6階(東京都中央区)に開業した。

 ZUKAN MUSEUM GINZAは図鑑の世界を立体的なデジタルコンテンツでリアルに表現した新感覚の体験型施設。書籍の図鑑はページを“めくる”ことで知識を深めていくが、ZUKAN MUSEUM GINZAは多様な生き物が共存する空間を“めぐる”ことで、その生態や反応を体験しながら学ぶことができる。空間を“めぐる”中で、驚きや感動をもたらす様々な仕掛けも用意されている。新感覚の体験型施設は人気を呼び、コロナ禍の中にあって、開業からわずか1カ月で来館者は3万人を超えた。

 この世界観を実現する上で、デジタルの表現を支えるインフラは重要な役割を担っている。最適なインフラがなければ、自然環境やその中で生きる生き物たちをリアルに表現することは難しい。開業後は世界観を損なわない安定稼働も求められる。この難題をどう克服したのか。その成功の舞台裏に迫ってみたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。