クラウド移行を阻む「人材」と「組織」の壁

 デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に向け、パブリッククラウドの積極的な活用はもはや欠かせない。

 新たな価値を生み出すための新規システムを立ち上げるほか、長年オンプレミスで運用してきた大規模システムのクラウドマイグレーションに挑むケースも増えている。DXを実ビジネスに組み込む上では、新規システムと既存の業務システムの連携が不可欠であり、それには既存システムもクラウド上にある方が有利だからだ。また、オンプレミスでは定期的に発生するハードウエアの更改を不要にすることで、コストや運用負荷の低減を図る狙いもある。

 ところが、実際に大規模なクラウドマイグレーションに着手する際は、壁にぶつかる企業も多いようだ。中でも大きなものが「人材」と「組織」の壁である。

 例えば、これまでのオンプレミス中心の時代には、社内システムの設計・構築・運用を社外に任せることが多かった。そのため、社内に十分なIT人材が育っておらず、DXを視野に入れたクラウド導入やIT環境の構築を考える必要が出てきたときに、社内に十分な体制が確保できないのだ。

 もちろん、DXを推進するためのクラウド移行には、パートナー企業の存在が欠かせない。だが一方で、DXではスピードが重要な差別化要因になる。取り組みを速やかに進め、かつ効果を持続させる上では、ユーザー企業がシステムの主導権を握ることが不可欠だ。そのための体制をどのように実現すべきなのか。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。