価値のないデータが企業のデータ利活用を妨げている

 コロナ禍をきっかけとして、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)は一気に加速した。社内外のデータを利活用して、勘や経験に頼ることなく、“事実”に基づく“データドリブン経営”を実践しようとする企業も増えている。

SAPジャパン株式会社<br>インダストリー&カスタマーアドバイザリー統括本部<br>シニアディレクター<br>椛田 后一氏
SAPジャパン株式会社
インダストリー&カスタマーアドバイザリー統括本部
シニアディレクター
椛田 后一氏

 だが、「企業のデータ利活用の実態を見ると、様々な課題を抱えていて、思ったような成果を得られていないケースが多いようです」と語るのは、SAPジャパンの椛田后一氏である。

 椛田氏が挙げる課題の一つは、多くの企業が「データを蓄積する」ことに主眼を置きすぎていること。まずはデータレイクなどの「置き場所」を設け、あらゆるデータを集めて蓄積しようとする傾向が強いようだ。「目的が整理されないまま、データを大量に蓄積しても使いこなすことはできません。結局、使われない無駄な資産になってしまうのです」(椛田氏)。

 また、社内外の様々なシステムから集めたデータは、フォーマットも精度もバラバラである。多くの企業は、長い間、事業や業務ごとに異なるシステムを使ってきたので、データの仕様や粒度、精度も“サイロ化”(縦割り化)した“汚いデータ”が生成されている。

 いざデータを利活用しようと思っても、会計システムや販売管理システム、CRM、SFAといったシステム間での連携も取られておらず、各システムからデータを集めた後にデータを整える作業に膨大な工数が取られる。それらのデータをさらに加工・集計してレポート出力するといった手間と時間もかかる。

 「“データを集めて蓄積する”という発想だけではなく、データの発生元のシステムできれいなデータを生成して、データを使いやすい状態にすることが、“データドリブン経営”を実践するための大原則です」と椛田氏はアドバイスする。

 では、これらの課題を解決するにはどうすればいいのか? 次のページで、椛田氏からの提言と具体的な解決策を紹介する。