コロナ禍でリモートワークが普及したこともあり、あらためてデジタルへの関心が高まっている。「ハンコ出社」を解消するために電子契約を導入する企業も目立つ。ただ、一部の業務のデジタル化だけでは効果は限定的だ。企業の業務プロセスの全体像をとらえたうえで部門横断的に効率化・自動化を進める必要がある。それが、IBMが提唱する“エンタープライズ・オートメーション”の考え方である。すでに先進企業は全社規模の自動化に取り組み、成果を上げている。日本IBMでエンタープライズ・オートメーションへの動きを牽引する2人が語り合った。

日本アイ・ビー・エム株式会社
クラウド&コグニティブ・ソフトウェア事業本部 クラウド・インテグレーション事業部 事業部長
鬼頭 巧氏
日本アイ・ビー・エム株式会社
グローバル・ビジネス・サービス事業本部 先進技術・自動化ソリューション担当CTO 技術理事
田端 真由美氏

ニューノーマル時代に加速するデジタル化と自動化

――新型コロナウイルスは日本企業に大きな影響を与えています。

田端:社員が出社できなくなるなど大きな環境変化を受けて、業務の見直しに向けた動きが広がっています。象徴的な例が「ハンコ出社」の見直しでしょう。多くの企業が電子契約などの仕組みを導入し、非効率な現状を変えようとしています。紙を使ったプロセスのデジタル化、システム運用の自動化なども切実な課題として浮上しています。一方、近年は日本企業の多くが働き方改革に取り組んできましたが、この動きも加速しています。

鬼頭:紙のプロセスをデジタル化するとともに、以前構築したシステムをゼロベースで再検討している企業もあります。かつてIT化した業務であっても、新しいテクノロジーを使えば大幅に効率化・自動化できる部分があるはずです。

田端:例えば、RPAは多くの企業に導入されていますが、デスクトップ型のRPAは誰かがボタンを押さないと起動しません。全社的にテレワークに移行している中で、ボタンを押すために出社するというケースもあったようです。そこで、出社せずにリモートで動かせるサーバー型のRPAに切り替えた企業も少なくありません。

――日本IBMの働き方はどのように変わりましたか。

鬼頭:当社における働き方も大きく変わりました。リモートワークが加速しただけでなく、電子契約サービスの利用も急増しています。営業担当者は契約書を運ぶためにオフィスとお客様との間を行き来していましたが、電子契約を使えば効率的でスピードアップします。お客様の承諾が前提ですが、新型コロナ以降はお客様のご理解を得やすくなりました。

――企業のデジタル化、自動化への意欲は高まっているといえそうですね。

鬼頭:RPAのほかにも、AIやIoTをはじめ様々な技術が急速に進化しています。これを活用することで業務やワークスタイルを大きく変革することができる。こうした認識は急速に高まっていると実感しています。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。