ノーコード/ローコードでシステム連携を実現するツールを利用しない手はないのは、当然だ。すでに存在するツールや機能で賄える作業に労力を費やしているのは無駄の極みだが、本当にそんなことが実現できるのだろうか。業務現場のエンドユーザーのシステムに対する要求は、予算や期間などの観点からなかなかかなえられないのが実情だ。一方でエンドユーザーからの要求に日々追われているエンジニアには、本来注力すべき領域とそうではない領域がある。こうした背景により生み出されるデリバリーギャップをいかにして解決することができるだろうか。

 昨今、ITシステムに対するエンドユーザーの不満やストレスはますます高まっている。業務で必要な機能追加をIT部門に要求しても、予算や費用対効果などの条件からなかなか認められず、仮に認められたとしても実現するまでには長い期間待たされるからだ。

 MuleSoft(ミュールソフト) リードソリューションエンジニアの黒住幸光氏は、前職のSIerにおいて20年近くにわたり、フルスクラッチのシステム開発を実施しつつ、IT部門のサポートをしてきた自身の実体験から以下のように語る。

MuleSoft Japan<br>リードソリューションエンジニア<br>黒住 幸光 氏
MuleSoft Japan
リードソリューションエンジニア
黒住 幸光 氏

 「当然のことながらIT部門としても、エンドユーザーのリクエストにはできる限り応えたいという思いは持っています。しかし、大小さまざまな案件が日々寄せられており、IT部門の限られたエンジニアのリソースではとても受けきれないのが実情です。端的に言えば、この需給のアンバランスがデリバリーギャップとして顕在化しています」

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。