AIやIoT、ビッグデータをテコに、幅広い分野でビジネスを変革するデジタルトランスフォーメーション(DX)。日本のDXへの対応の遅れは、これまで様々な場面で指摘されてきた。だが、企業のマインドは変化しつつある。デル・テクノロジーズが世界4300社を調査したレポート「Digital Transformation Index 2020」には、日本企業の前向きな姿勢が表れている。

 2018年の前回調査に比べて、2020年の調査では顕著な変化があったという。「DXに向けた検討段階にある『デジタル評価企業』の割合が、18%から33%に増加。さらに取り組みが進んでいる『デジタル導入企業』の割合も、8%から15%に増えています」と説明するのは、デル・テクノロジーズの正田(まさだ)三四郎氏である。

 おそらく、「DXに着手しなければ取り残される」という危機意識も高まっているのだろう。DX検討段階の企業、実行段階の企業、ともにその割合が増えている。企業のDX投資は今後、さらに加速するものと予想される。

「Digital Transformation Index 2020」(調査期間:2020年7~8月)の日本の調査結果より
「Digital Transformation Index 2020」(調査期間:2020年7~8月)の日本の調査結果より
[画像のクリックで拡大表示]

 DXといっても様々な切り口があるが、「データ活用」が重要な柱になることは間違いない。「従来は、人に関わるデータを主に扱っていましたが、これからはモノのデータが急増します。桁違いに増えるデータをいかに効率的に扱うか、そこからいかに知見を引き出すかが問われています」とネットワールドの鶴園一誠氏は語る。また、正田氏は「これまでは蓄積したデータの解析が主要テーマでしたが、今後はリアルタイムデータの処理にも目を向ける必要があります」と、別の観点でデータ環境の変化を指摘する。

 大量かつダイナミックに変化するデータから知見を引き出し、それをビジネスの競争力に変換する。企業にはそんな能力が求められている。こうしたビジネスニーズに対応するIT環境を、デル・テクノロジーズとネットワールドは協業を通じて企業に提供している。以下では、その協業がDX時代にどのような価値を提供できるのかを見ていこう。

左から、デル・テクノロジーズ株式会社 DCWソリューション本部 本部長 正田三四郎氏、同社執行役員 製品本部長 データセンターコンピュート&ソリューションズ事業統括 上原宏氏、株式会社ネットワールド 専務取締役 営業本部 本部長 芹澤朋斉氏、同社執行役員 SI技術本部 副本部長 兼 統合基盤技術部 部長 デジタルトランスフォーメーション推進担当 鶴園一誠氏
左から、デル・テクノロジーズ株式会社 DCWソリューション本部 本部長 正田三四郎氏、同社執行役員 製品本部長 データセンターコンピュート&ソリューションズ事業統括 上原宏氏、株式会社ネットワールド 専務取締役 営業本部 本部長 芹澤朋斉氏、同社執行役員 SI技術本部 副本部長 兼 統合基盤技術部 部長 デジタルトランスフォーメーション推進担当 鶴園一誠氏

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。