ハイブリッドクラウドの現実解
~オンプレミスのVMware環境からの現実的なクラウド活用の道筋として~

 現在、クラウドファーストの流れは一般的となり、「ハイブリッドクラウド」や「マルチクラウド」という言葉の通りクラウドの活用はますます多様化しつつあります。

 その流れの中で、オンプレミスからパブリッククラウドへの移行では、その上で稼働するアプリケーションへの影響をはじめ、移行に伴う影響範囲の調査や対策に負荷がかかりますが、VMware Cloud on AWSでは、オンプレミスと同様にVMwareベースの仮想マシンを稼働させられるため、クラウド移行の負担を大幅に軽減することが可能です。

 しかしながら、パブリッククラウドであるAWS環境への移行においては、通信面や運用面でオンプレミスとの違いを考慮すべき事項も幾つかございます。本セミナーでは VMware Cloud on AWS 活用における勘所を、実環境でのデモンストレーションも交えてご紹介いたします。

開催概要

日時1月31日(金)14:30-17:20(受付開始:14:00)
会場ヴイエムウェア 東京オフィス
東京都港区浜松町1-30-5浜松町スクエア13F
主催日本ヒューレット・パッカード
協賛ヴイエムウェア
協力日経 xTECH Active
定員40名
受講料無料(抽選制)
備考本セミナーは、抽選制となっております。ご受講いただける方には、開催前日までに日本ヒューレット・パッカードより、ご登録いただいたE-mailアドレスに受講証をお送りいたします。

プログラム


14:30-14:35

開会のご挨拶

日本ヒューレット・パッカード
Pointnext事業統括 ハイブリッドITソリューション推進本部
本部長
挾間 崇 氏


14:35-15:15

VMwareが語るハイブリッドクラウドの将来像

ヴイエムウェア
ソリューションビジネス本部 クラウドサービス統括部 クラウドサービス営業部
シニアクラウドセールススペシャリスト
荒井 利枝 氏

VMware Cloud on AWSの最新情報について、日本国内の実際のユースケースも含めてご紹介いたします。また、オンプレミスデータセンター環境との接続やワークロードの柔軟な移行方法などについて解説し、ハイブリッドクラウドの実現手法などについてもご説明いたします。


15:15-15:55

VMware Cloud on AWS 環境のデータ保護ベスト・プラクティスご紹介

ベリタステクノロジーズ
テクノロジーセールス&マーケティング本部
シニアプリンシパルスペシャリストSE データ保護ソリューション
勝野 雅巳 氏

VMware Cloud on AWSでのバックアップについて、オンプレミスでの国内導入実績が多いVeritas社のバックアップ製品「NetBackup」による手法をご紹介いたします。Amazon S3を活用した構成パターン、具体的なバックアップデータの通信経路、トラブルを回避するための注意点など、実案件で活用いただけるお役立ち情報も含めて、ご説明いたします。


16:10-17:10

ハイブリッドクラウドの現実解 - VMware Cloud on AWSの有効活用

日本ヒューレット・パッカード
Pointnext事業統括 ハイブリッドITソリューション推進本部
小西 克博 氏

HPEが考える“Right Mix” なハイブリッドクラウド環境において、どのようなシーンで VMware Cloud on AWS を活用すべきかを示した上で、オンプレミス環境からの移行における検討事項として、システム間連携を考慮した移行計画の策定や、クラウドでのソフトウェアライセンスの扱いを前提としたデータベースの持ち方、転送量課金を最小化するバックアップやログ管理の仕組みなど、大規模な移行/更改プロジェクトでの経験値やグローバルでのAWS移行に関する知見から導き出す VMware Cloud on AWS の現実的な活用手法について、実環境でのデモンストレーションも交えてご紹介いたします。


17:10-17:20

質疑応答