HPE HPC & AI フォーラム
エキスパートが語る新時代のコンピューティング
HPC&AIの最先端事例


 いま高度な計算能力へのニーズは、HPCのみならずAIやディープラーニング、ビジネスアナリティクスの領域まで大きな広がりを見せています。そうしたなか、ハイパフォーマンスコンピューティング、AIソリューションの最先端情報をお伝えする「HPE HPC & AI フォーラム オンライン」を開催いたします。本イベントでは、HPCとAIをテーマに、サイエンス、エンジニアリング、ビジネスの成果を高める最新のテクノロジーをご紹介いたします。世界各国の製造業向けITソリューション(設計、解析、シミュレーション)から科学技術計算分野、さらにAI、ディープラーニング分野、メモリ主導型コンピューティングに至るまで最新ソリューションを事例を交えて徹底解説いたします。オンライン開催となりますので、お気軽にご参加ください。

開催概要

日時10月13日(火) 14:00 - 16:40、10月14日(水) 14:00 - 16:40
会場オンラインセミナー
主催日本ヒューレット・パッカード
協賛インテル、エヌビディア、日本AMD
協力日経クロステック Active
受講料無料
受講対象者製造業、金融業、通信業、大学・研究機関、サービスプロバイダー等、ITの 企画責任者・ご担当者様
・ハイパフォーマンスコンピューティング分野に興味のあるお客様・エンジニア
・AI/ディープラーニング分野に興味のあるお客様・エンジニア

※日本ヒューレット・パッカード及び、協賛各社の競合となる企業様からのお申込みはお断りさせて頂く場合がございます。ご了承ください。
備考※受講のご案内は、主催者の日本ヒューレット・パッカード(hpe_jp_webcast@hpe.com )より直接受講者の皆様に送付します。

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください

2020/10/13(火)


14:00-14:20

HPEのHPC & AI事業戦略とポートフォリオ

日本ヒューレット・パッカード
取締役 執行役員
HPC&AI/MCS事業統括
根岸 史季 氏

日本ヒューレット・パッカードにおける、HPC & AI、ミッションクリティカル・サーバー、エッジコンピューティングのビジネスの責任者より、HPC & AIにおける事業戦略とソリューション・ポートフォリオの概要についてお話しいたします。


14:20-14:50

メモリ・インターコネクト戦争ついに終結!? CXL & Gen-Zが導くメモリ主導型コンピューティングの未来

日本ヒューレット・パッカード
HPC&AI/MCS事業統括
MCS プリセールス部
藤川 智博 氏

数年にわたって繰り広げられてきたメモリ・セマンティック・インターコネクトの業界標準争いに大きな進展がありました。これを受けてメモリ主導型コンピューティングの製品化も一気に活性化してきています。本セッションでは最近のGen-Z規格の動向をおさらいしつつ、HPEが開発しているGen-Z関連製品の概要についてもお話します。


14:50-15:00

休憩


15:00-15:30

次世代のHPC/AIを支える、コンピューティング・トレンド最前線

日本ヒューレット・パッカード
HPC&AI/MCS事業統括
プリセールスコンサルタント
皆川 直樹 氏

Cray社との合併が完了し、より強化されたHPC&AIポートフォリオを持つHPE。マーケット・リーダーであるHPEならではの視点で、これからのコンピュート・ストレージ・インターコネクトの動向を踏まえ、何が今後のシステム設計の勘所となってくるのかをコンパクトにお届けします。


15:30-16:00

ExaFlops時代をけん引するEPYCプロセッサーの技術概要

日本AMD
コマーシャル営業本部 セールスエンジニアリング担当 マネージャー
関根 正人 氏

ExaFlops時代の到来を見据えて開発された最新のAMD EPYC サーバー・プロセッサー。最大の特徴であるチップレットアーキテクチャーから読み解く各種製品の特性とHPCにおける利点について、分かりやすく解説します。また、HPC分野での採用事例についても紹介させて頂きます。


16:00-16:10

休憩


16:10-16:40

【特別講演】 ニューノーマルの先にある新しい社会

慶応義塾大学
医学部 医療政策・管理学教授
宮田 裕章 様

講師プロフィール
2003年3月東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻修士課程修了。同分野保健学博士(論文) 早稲田大学人間科学学術院助手、東京大学大学院医学系研究科医療品質評価学講座助教を経て、2009年4月より東京大学大学院医学系研究科医療品質評価学講座准教授。2014年4月より同教授(2015年5月より非常勤)、2015年5月より慶応義塾大学医学部医療政策・管理学教室教授。

専門はデータサイエンス、科学方法論、Value Co-Creation
データサイエンスなどの科学を駆使して社会変革に挑戦し、現実をより良くするための貢献を軸に研究活動を行う。専門医制度と連携し5000病院が参加するNational Clinical Database、LINEと厚労省の新型コロナ全国調査など、医学領域以外も含む様々な実践に取り組むと同時に、経団連や世界経済フォーラムと連携して新しい社会ビジョンを描く。宮田が共創する社会ビジョンの1つは、いのちを響き合わせて多様な社会を創り、その世界を共に体験する中で一人ひとりが輝くという“共鳴する社会”である。



2020/10/14(水)


14:00-14:20

世界最先端!HPC & AI における事例とソリューション

ヒューレット・パッカード エンタープライズ
HPC & AI グローバル・ビジネス・ユニット
バイスプレジデント&ジェネラルマネージャー
ビル・マネル 氏

ヒューレット・パッカード エンタープライズにおけるHPC & AIのビジネス責任者より、ワールドワイドでのHPC & AI戦略、最先端事例についてご紹介いたします。


14:20-14:50

インテルHPC/AI戦略の革新

インテル
インダストリー事業本部
HPC事業開発部長
矢澤 克巳 氏

インテル
APJデータセンターグループ・セールス
AIテクニカル・ソリューション・スペシャリスト
大内山 浩 氏

インテルはデーターセンタ向けアーキテクチャ全体の最適化を通じ、HPC/AI向けの技術革新を推進しています。当セッションではインテルの最新の製品や技術に加え、次世代CPUに搭載予定の新機能、メモリテクノロジOPTANE、GPGPU、ソフトウェア技術OneAPI等の将来展望についてご紹介いたします。


14:50-15:00

休憩


15:00-15:30

仮想環境におけるGPUリソース利用の新しい形 ~ VMware Bitfusion のご紹介 ~

日本ヒューレット・パッカード
ハイブリッドIT事業統括本部
シニアITスペシャリスト
久保田 隆志氏

VMware Bitfusionを導入することで、既存仮想環境の管理の延長線上で、ネットワーク越しにGPUリソースを簡単にアタッチできるようになります。
コンテナ、そして、そのオーケストレーションにKubernetesの利用が一般化してきているAIの世界ですが、もう少し手軽にGPU環境を用意したいと思われる方は、是非本セッションにご参加ください。


15:30-16:00

AIとHPCを加速するNVIDIA AmpereアーキテクチャGPU

エヌビディア
シニア ソリューション アーキテクト
佐々木 邦暢 氏

NVIDIAが今年発表したNVIDIA A100は、最新のNVIDIA Ampereアーキテクチャに基づくデータセンター向けGPUです。AIモデルのトレーニングや推論、そしてHPCアプリケーションをさらに高速化すべく、行列演算ユニット「Tensor コア」の性能だけでなく、HBM2メモリの容量と帯域幅、NVLinkによるGPU間通信速度も大幅に強化しました。本講演では、A100 GPUの特長と、これを搭載する最新のサーバーについて紹介します。


16:00-16:10

休憩


16:10-16:40

実践ガイド著者登壇!AI・IoT・ビッグデータ基盤事例を知る ~ HPE Ezmeralが採用される理由とは? ~

日本ヒューレット・パッカード
ハイブリッドIT事業統括本部
HPE認定オープンソース・Linuxテクノロジーエバンジェリスト
古賀 政純 氏

超大規模IoT・ビッグデータ基盤での導入実績を誇るHPE Ezmeral Data Fabric(旧MapR)、データ活用・AI開発を効率化するHPE Ezmeral Container Platformの先進機能、事例を解説します。機械学習+MapRの実践ガイド著者がついに登壇!お見逃しなく。