モバイルセキュリティの最前線、「ゼロトラスト」の入り口を知る

 コロナ禍に伴うテレワーク環境の加速は、急激であったが故に種々の課題を引き起こした。なかでもセキュリティ対策に頭を抱える企業は多く、クラウドの利用拡大は、ファイアウォールを設ける従来のセキュリティモデル「境界型防御」を過去のものにしつつある。もともと内部からの攻撃に弱いという弱点を持っていた上、システムの外部連携が増加した昨今、処理が追い付かなくなってきたことが大きい。

 こうした状況下で果たして、職場以外での使用が当たり前となったエンドポイント、すなわちPC・タブレット端末等の安全を本当に担保できるのだろうか。そこでキーワードとなるのが「ゼロトラスト」、ユーザの利便性を損なうことなくセキュリティレベルの向上が実現できるという。

 本ウェビナーでは、「ゼロトラスト」の概要や、モバイルセキュリティの現状、実際にインシデントを防いだ事例等最新情報を紹介。当日は衝撃の「ハッキングデモ」の様子も配信する。安心、安全な働く環境を確立し、逆境をチャンスに変えるために、ぜひこの機会にご参加ください。

開催概要

日時3月11日(木) 13:00 - 14:00
会場オンラインセミナー
主催ソフトバンク
定員500名
協力日経クロステック Active
受講料無料
備考定員になり次第締め切らせていただきます。
スケジュール・内容は予告なしに変更する場合がございますので、予めご了承ください。

プログラム


13:00-14:00

信頼できる端末とは?ゼロトラストで考えるこれからのエンドポイントセキュリティ

ソフトバンク
法人プロダクト&事業戦略本部 セキュリティ事業統括部
セキュリティエバンジェリスト
澤入 俊和

 今、ゼロトラストという考え方が注目されている背景とは?そして、従来の対策からどう進化するのか? 本セッションではソフトバンクのゼロトラストソリューションの概要について 特に、モバイルを中心としたエンドポイント領域のご紹介をさせていただきます。


VMware Workspace ONE で始めるゼロトラストセキュリティ

ヴイエムウェア
エンドユーザコンピューティング技術部 スペシャリストSE
小薮 賢 氏

 いますぐ始められるゼロトラスト セキュリティ プラットフォーム VMware Workspace ONE についてご紹介します。 ユーザーや多様なデバイスなどのエンドポイントをクラウドから適切な状態に管理し、SaaS アプリケーションやオンプレリソースへのアクセスを全て検証し、最小権限で実行させる仕組みをご紹介します。


Workspace ONE +Zimperium
シンプルで自動化された最良のモバイルセキュリティ

Zimperium
Business Development Manager
奥山 剛央 氏

 業務におけるモバイル利用のニーズは拡大の傾向にありますが、 セキュリティ対応の懸念から利用制限をせざるを得ない企業にとって 安全性の担保と利便性のバランスは最大の課題です。 本セッションでは、モバイルがさらされている脅威の実状をデモを交えてご紹介させて頂くとともに、 VMware Workspace ONEとZimperiumの組み合わせがもたらすデバイス管理の容易さや、 脅威対応の自動化によって実現される利便性の高い理想的なモバイルセキュリティについて考えます。


VMware x Zimperium クロストーク

 お互いのセッションを踏まえ両ベンダーのスピーカーがそれぞれ疑問をぶつけます。