THE DATA CLOUD TOUR
世界の金融業が活用する、クラウドデータプラットフォームを知る

 「クラウドデータプラットフォーム」という言葉をご存知でしょうか? 現在は、企業や組織の発展にクラウドデータの集積と活用がこれまで以上に重要になってきています。企業や組織内に分散しているデータをクラウドデータとして集積し、活用することで効率化、生産性向上をしていくことが、企業・組織の成長戦略に求められています。

 企業内、組織内のデータ管理を考える際に大きな問題となるのが、他部門のシステムとの連携が考慮されないまま、部門ごとに個別のシステムで構築されてきた膨大な量のデータの存在です。

 天文学的数字で膨張するビッグデータを、プライバシー保護の強化などに考慮しながら、同一のインターフェイス上で管理できるシステムが、Snowflake(スノーフレーク)のクラウドデータプラットフォームです。地域、大陸、クラウドの違いを乗り越えデータを一元的に管理し、スピーディーに計算処理して必要なデータとして活用できるのが大きな特徴となっています。

 その利便性や従来のソリューションより少ない費用で利用できることなどからら、楽天、 Adobe、アシックス、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントなど、全世界で3,000社以上の企業や組織に導入されています。

 顧客サービスの向上が常に求められる金融機関や金融サービス業。コンプライアンスや法規制遵守が何よりも重視されるこの業界で、世界をリードするバンキングや資産管理、保険、フィンテック、金融テクノロジー、データプロバイダーなどの組織が実践する、Snowflakeプラットフォーム活用の具体例を紹介します。

開催概要

日時4月20日(火) 15:00 - 17:00
会場オンラインセミナー
主催Snowflake
協力日経クロステック Active
定員300名
受講料無料
備考定員になり次第締め切らせていただきます。
スケジュール・内容は予告なしに変更する場合がございますので、予めご了承ください。
フリーアドレス、競合の場合などお断りする場合がございます。ご了承ください。

プログラム


15:00-15:20

データクラウドについて

Snowflake
プラットフォームストラテジー担当部長
カイル・ルーク

 データクラウドとは、組織や企業で集積された何千もの高精度のデータを、最大限に活用するためのデジタル・ネットワークのこと。無限に近い拡張性、同時実行性、高いパフォーマンスを実現するデータクラウドの利点を解説します。 これまでサイロ化していたデータを統合し、徹底した管理下でライブデータを簡単検索・安全共有。それらを有効化する解析方法でビジネスの可能性を広げつつ、仕事効率を劇的に高め、データ管理に伴うストレスを軽減するシステムをご紹介します。


15:20-15:45

金融業界向けデータクラウドソリューション

Snowflake
金融サービス業界カスタマープロダクトストラテジー担当VP
マシュー・グリックマン

 DXが金融業界の展開を大きく後押ししています。顧客へのトータルサービスを目的としたビジネスモデルや、これまで考えられなかった異業種への参入といった挑戦も可能になってきました。 このセッションではSnowflakeを使って行う、構造改革を解説します。昨今の成長戦略に不可欠な他業種からのデータ活用など、リスクの軽減された環境下での直感的な解析と行動で差をつけましょう。


15:45-16:00

お客様のケーススタディとトークセッション

S&P
Data Management Solutions Feed and API business
デービッド・クルチオ 氏

Snowflake
金融サービス業界カスタマープロダクトストラテジー担当VP
マシュー・グリックマン

 日々データを取り扱う金融業界では、その量が天文学的な量に達しています。クラウドについては、60%の会社が今後2年で全体業務の移行を考えているとの統計もあります。価値あるデータセットを即利用したいクライアントを満足させ、かつ自社の解析負担を軽減するために、どのようにSnowflakeを活用するか。 金融サービス業大手であるS&Pグローバルのデータマネージメント責任者が、AIを活用した自然言語処理などトレンドを説明します。


16:00-16:30

Snowflakeのプラットフォームについて

Snowflake
製造業界セールスエンジニア
ヴァノン・パーシバル・タン

 このセッションでは分散していたデータを統一し、橋渡しするSnowflakeプラットフォームの性能や、あらゆるデータワークロードでの活用方法を技術的に解説します。 データクラウドの推進エンジンとなるSnowflakeの保安面についても、インターフェイス統一の仕組みについても図式とともに公表。デベロッパーがSnowflakeとコラボできるSnowpark(近日公開)など、今後の見通しも明らかにします。


16:30-17:00

Snowflakeの金融業界向けデモ

Snowflake
セールスエンジニア
イリーナ・ルベンチック

 銀行のリスクアナリストが財務状況を検証するプロセスを仮定し、Snowflakeプラットフォームの明確で平易なインターフェイスを使い、視覚的にデモします。 オンラインの銀行間や顧客の金融取引を妨げることなくリスク分析に要するデータを乖離し、検証専用の仮想ウェアハウスとその分析基盤を設定する様子を紹介します。天候の変化やコロナ禍下の状況など、時勢に沿った生のデータで現場性を強化する側面も見逃せません。