オープンソースでIT環境を最適化するためには?

 多くの企業や組織では、オープンソース・ソフトウェアで実行している重要な業務があります。このウェビナーでは、オープンソースLinuxを用いてシステムの複雑なハイブリッド環境を最適化する手段についてご紹介します。また、そのようなシステム環境下でのサービス水準の品質を確保するためのサポート・オプションについても、ご案内します。

 こちらのウェビナーは、特に現在RHELまたはCentOSをご利用されているお客様に最適な内容となっています。

開催概要

日時6月30日(水) 17:00 - 18:00
会場オンラインセミナー
主催日本オラクル
定員120名
協力日経クロステック Active
受講料無料
備考定員になり次第締め切らせていただきます。
スケジュール・内容は予告なしに変更する場合がございますので、予めご了承ください。
フリーアドレス、競合の場合などお断りする場合がございます。ご了承ください。

プログラム


17:00-18:00

オープンソースでIT環境を最適化するためには?

日本オラクル
Country Manager, Oracle Linux and Virtualization
北郷 義浩