フィンテック・ビジネス成長のカギを握るデータ徹底活用術とは
マネーツリーの担当者と徹底討論

 デジタル革命の最先端に位置するフィンテック。市場が急拡大する一方で、参入企業も多く、競争は激化しています。厳しい競争を勝ち残るうえでは、マネロン対策(AML)や顧客確認(KYC)などのコンプライアンス/セキュリティの強化、そしてAI解析に基づくサービス運用の監視一元化と顧客体験のスピーディな改善などが欠かせません。

 カギを握るのがデータの徹底活用です。クラウド ネイティブなプラットフォームで取引情報をリアルタイムに分析し、インサイトを生み出すことで、コンプライアンスとセキュリティの強化や顧客体験の向上につなげ、迅速なイノベーションを実現します。

 本ウェビナーでは急成長中のフィンテック企業、マネーツリーが登壇し、マシンデータをフルに活用した開発や運用、セキュリティ強化などの実態を明かします。プラットフォームを提供するSumoLogic ジャパンとアルプスシステムインテグレーションが技術的な側面からも議論を補完し、アジャイルな方法論や最新のアプリケーションも掘り下げていきます。

具体的なテーマは下記の通りです。
・PSD2(欧州決済サービス指令)、GDPR(一般データ保護規則)、AML(マネーロンダリング対策)、KYC(顧客確認)、オープンバンキングなどの規制への対応
・品質とリリース速度の向上だけでない、アプリケーションの信頼性やコンプライアンス、セキュリティを高めるプロセス
・経済面からみたクラウドスケールの重要性

 皆様のご参加をお待ちしております。是非お気軽にお申し込みください。

開催概要

日時7月19日(月) 13:00 - 13:45
会場オンラインセミナー
主催SumoLogic ジャパン
共催アルプスシステムインテグレーション、マネーツリー
協力日経クロステック Active
定員200名
受講料無料
お問い合わせお問い合わせはsmatsui@sumologic.comまでご連絡ください。
備考定員になり次第締め切らせていただきます。
スケジュール・内容は予告なしに変更する場合がございますので、予めご了承ください。
フリーアドレス、競合の場合などお断りする場合がございます。

プログラム


13:00 - 13:45

フィンテック企業が成功するためのITプラットフォームに関する座談会

マネーツリー
ビジネス ディベロップメント ディレクター
山口 賢造 氏

アルプスシステムインテグレーション
デジタルソリューション事業部 クラウドソリューション部
部長
竹花 裕樹 氏

SumoLogicジャパン
カントリーマネージャー
河村 浩明

モデレーター:日経BP総合研究所
コンサルティングユニット長 主席研究員 Human Capital Online発行人
小林 暢子 氏

 フィンテック企業は、デジタル革命の最先端に位置し、アジャイルな方法論、最新のアプリケーション、継続的なイノベーションによってもたらされる機会を最大限に活用しています。
 本座談会では、手頃な価格で、利用しやすく、柔軟性のある金融サービスを提供し続けるポイントをFinTech有力企業の経営層の皆様に、ALSI、SumoLogicには技術、運営面のポイントを以下テーマに沿ってお聞きします。
・FinTechの成長において、顧客体験の恒常的な改善に取り組むための工夫、留意ポイント
・イノベーションの高速化を実現する上で工夫、機能
・セキュリティリスクに対する組織的な取り組み
・コンプライアンス順守に取り組む課題

山口 賢造 氏
マネ―ツリー ビジネス ディベロップメント ディレクター
外資系IT企業でのセールスコンサルタントとして従事後、アプリ制作会社にて プロジェクトマネジャーとしてアプリ開発に携わる。 その後、ソフトウェアデザイン会社の起業を経て、マネーツリーに創業時より参画。 現職では、市場動向やニーズの把握、金融データプラットフォーム「Moneytree LINK」の市場浸 透に従事。
竹花 裕樹 氏
アルプスシステムインテグレーション デジタルソリューション事業部 クラウドソリューション部 部長
2019年にネットスター株式会社から、関連会社のアルプスシステムインテグレーション株式会社に転籍。URLフィルタリング製品の製品企画・カスタマーサポート業務担当を経験し、営業、ビジネス企画、事業開発部門を経て、2021年よりクラウドソリューションを担当する部門長に就任。 2009年よりドコモ、KDDI、ソフトバンク向けの青少年向けフィルタリングサービス事業の立ち上げに従事。
河村 浩明
SumoLogicジャパン カントリーマネージャー
福岡県出身。1979年東京大学工学部卒日立ハイテクノロジーズ(当時日製産業)入社。海外向けコンピュータ機器の営業を担当。1996年EMCジャパン入社。 その後、日本オラクル、サンマイクロシステムズ、シマンテック、Dropbox等で要職、カントリーマネージャーを歴任。 2021年5月にSumo Logicジャパンのカントリーマネージャーに就任。根っからの性善説主義者で、座右の銘は、男子三日会わざれば刮目してみよ。
小林 暢子 氏
日経BP総合研究所 コンサルティングユニット長 主席研究員 Human Capital Online発行人
東京大学文学部心理学科卒業後、外資系コンサルティング会社を経て1991年日経BP入社。『日経情報ストラテジー』『日経コンピュータ』などのIT専門誌編集に携わり、2013年から『日経情報ストラテジー』編集長。2017年から人事室長を務め、2020年4月から現職。