次世代デジタルワークスペースに備えよう! いち早くVDIでWindows 11を検証
時代の変化に対応可能なワークスペース環境とは

 コロナ禍の長期化でテレワークが急激に浸透しました。しかし、様々な形でテレワークが進む今、課題が浮き彫りになってきました。利用頻度が増加したWeb会議や動画、Webブラウザなどが快適に動作しない。
 高性能PCを利用するCADやBIMなどの設計開発、ゲームやデザインの制作業務、医療やAI等の研究開発などテレワークができない業務も判明してきました。現在の状況を踏まえ、次世代のデジタルワークスペースに備えるために、操作するユーザーデバイスのスペックに依存しないVDI(仮想デスクトップ)の活用により、ウィズコロナ時代に重要となる、場所に捕らわれないワークスペースの実現についてご紹介します。さらにアフターコロナを見据え、いち早く実施したVDIでのWindows 11の検証結果だけでなく、IT管理者の方々の運用負荷を軽減する為のHCIを活用したアイディアもご案内させていただきます。

開催概要

日時12月14日(火) 13:00 - 14:00
会場Zoom webinar
主催SB C&S
共催デル・テクノロジーズ、エヌビディア
協力日経クロステック Active
定員100名
受講料無料
問い合わせsbbmb-sbb-cphwm@g.softbank.co.jp
備考定員になり次第締め切らせていただきます。
スケジュール・内容は予告なしに変更する場合がございますので、予めご了承ください。
同業他社様からのご参加はお断りする場合がございます。

プログラム


13:00 - 13:20

テレワークの課題を解決!
vGPU-VDIで実現する不可能を可能にするデジタルワークスペース環境

エヌビディア
エンタープライズ事業本部 vGPU ビジネス開発マネージャ
後藤 祐一郎


コロナ禍で浸透したテレワークは、パフォーマンスの課題、テレワーク不可の業務が判明、それらによる生産性の低下が露呈しました。
CPU負荷を軽減して、パフォーマンスを改善、高性能PCを利用するCAD/CAEやBIM/CIMなどの設計開発、ゲームやデザインの制作業務、医療やAI等の研究開発などのテレワークも可能にする「時代の変化に対応可能なデジタルワークスペース環境」、NVIDIA vGPU-VDIをご紹介します。


13:20 - 13:30

VDIでGPU“も”使いたいならコレ!メンテナンスも楽々なVxRail!

デル・テクノロジーズ
パートナーセールスエンジニアリング本部 パートナーSE 2部
パートナーシステムズエンジニア
中西 祐輔


これからのVDIにはGPUを活用して快適な環境を!と思っても、実際に導入した環境のメンテナンスは避けて通れない・・・
GPUという新しいハードウェアを導入して、ユーザーは快適、管理者は負荷増・・・
そんな課題を解決する方法のひとつとして、メンテナンスの自動化を実装したVxRailがここにあります!


13:30 - 13:45

Windows 11とNVIDIA A16を先行検証!vGPU-VDIの最新構成を探る

SB C&S
ICT事業本部 ICT事業戦略・技術本部 技術統括部 第1技術部 1課
幸田 章


ソフトウェア・ハードウェアの両面で、VDIは年々進化を遂げています。SB C&Sでは、メーカーのサポートに先駆けてvGPU-VDIにおけるWindows 11の検証を実施しました。ご参考としての性能検証に加え、機能アップデートがVDIでの利用に与える影響についても考察します。また、最新のGPUであるNVIDIA A16をいち早く試用した際のレポートもご覧いただきます。


13:45 - 14:00

SB C&Sご支援体制のご紹介

SB C&S
ICT事業本部 システム基盤推進本部 プラットフォーム推進統括部 販売推進部 HCI販売推進課
吉田 幸司


Dell TechnologiesとNVIDIA両社の1次店を担う唯一のディストリビューター、SB C&Sよりご支援内容などをご紹介させていただきます。今後vGPUの検討をスムーズにするための概念実証(PoC)のご支援や予算化に向けたパッケージのご提案、SB C&Sの取組みについてもご案内させていただきます