コーポレートITをアップデート
DX促進、クラウドカオス、IT人材不足・・・5年後の企業ITを拓くには?

 企業におけるDX推進では、さまざまな業務のデジタル化にともなって増え続けるクラウドサービスにも対応した、コーポレートITの強化が欠かせません。実現のために、IT人材不足などの課題解決はできているでしょうか。
 本セミナーでは、業務効率化や生産性向上を促し企業成長の鍵になるコーポレートITをどう強化していくべきか、時代背景などから現状をひもときながら、課題解決のヒントを提示します。ぜひご参加ください。

開催概要

日時2月10日(木) 13:00 - 14:00
会場オンラインセミナー
主催サイオステクノロジー
協力日経クロステック Active
定員先着300名
受講料事前登録制・無料
備考定員になり次第締め切らせていただきます。
スケジュール・内容は予告なしに変更する場合がございますので、予めご了承ください。
フリーアドレス、競合の場合などお断りする場合がございます。ご了承ください。

プログラム


13:00 - 13:05

はじめに

サイオステクノロジー
Gluegent サービスラインヘッド
有馬 大介

サイオステクノロジーの紹介とご挨拶を申しあげます。


13:05 - 13:35

基調講演
企業におけるIT活用の未来

作家・ジャーナリスト
佐々木 俊尚 氏

未だ収束がみえないコロナ禍において、勝ち残るのはどのような企業でしょうか。成長し続ける企業体質を作るには?数年後をみすえて今から何をすべきか、世の中の時流や背景をひもときながら、ITを活用した戦略的なDX推進についてお話します。


13:35 - 13:50

「Gluegent Flow 情シスクラウド」製品発表

サイオステクノロジー
Gluegent サービスライン Gluegent Flow プロダクトマネージャ
松本 明丈


増え続けるクラウドサービスがカオスな状態の今、それらを管理・運用する人材不足や業務負担の増大、業務の見える化が課題として挙がってきています。これらの課題を解決する方法とは。コーポレートITが抱えるさまざまな業務の流れを可視化し、解決する「Gluegent Flow 情シスクラウド」をご紹介します。


13:50 - 14:00

質疑応答


有馬 大介
サイオステクノロジー Gluegent サービスラインヘッド
有馬 大介 1997年、南日本マイクロコンピュータ株式会社入社。 その後、2011年3月にサイオステクノロジー株式会社入社。クラウドサービス(旧称Google Apps for Business)およびGluegent Appsシリーズの拡販を中心とした営業を担当。ハードウェア、ネットワーク、クラウドサービスの営業を得意としており、教育市場、自治体、民間企業への営業にも精通。 養護学校で健常者と遜色なくパソコンを駆使する子どもたちを目の当たりにし、「世界中の人々にクラウド型サービスの提供を通じて人生を豊かにしてもらいたい」という初心を忘れずに邁進する日々を送っている。
佐々木 俊尚
作家・ジャーナリスト
佐々木 俊尚 1961年兵庫県生まれ。毎日新聞社などを経て2003年に独立し、テクノロジから政治、経済、社会、ライフスタイルにいたるまで幅広く取材・執筆。『21世紀の自由論〜優しいリアリズムの時代へ』『キュレーションの時代』など著書多数。 総務省情報通信白書アドバイザリーボード。テレビ朝日「AbemaPrime」火曜日レギュラーコメンテーター。
松本 明丈
サイオステクノロジー Gluegent サービスライン Gluegent Flow プロダクトマネージャ
松本 明丈 2001年、エスエムジー株式会社(当時)入社。 Javaをベースとした通信業界共通APIの開発公開を目指すプロジェクト(OSS through Java)に参加。 2005年、株式会社グルージェント(当時)入社。 小規模な小売から金融業まで幅広い業種の顧客へのシステム構築・導入のプロジェクトマネージャを経験。金融業の実験的サービスにおいて、インフラストラクチャの構築を経験。 株式会社グルージェントのクラウドサービス(Gluegentシリーズ)展開の当初より顧客支援分野を立ち上げ。その後、同サービスの導入支援を多数実施。 2021年10月より、Gluegent Flowプロダクトマネージャ。